テーマ:お正月

箱根駅伝 東海大が初優勝

新春恒例の第95回箱根駅伝。 往路2位だった東海大が復路に入って8区で逆転し初優勝を達成。 タイムも10時間52分09秒と、昨年に青学大が更新した大会記録を更に5分以上更新しての優勝です。 往路終了時点で首位・東洋大と2位・東海大とのタイム差は1分14秒。 逆転での初優勝を狙う東海大は6区の中島選手が区間2位で追い上げると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋大が2年連続往路優勝

新春恒例の第95回箱根駅伝。 東洋大が、昨年に続いての往路優勝を往路新記録で決めました。 レースはスタート直後に大東大が転倒するアクシデント。 大東大の1区・新井選手は、その転倒で足を痛めて、次第に集団から離されてしまい、1区で繰り上げスタートかあるいは途中棄権か心配した程。 何とか2区の走者にタスキを繋ぎましたが、3区で首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 新年のご挨拶

2019年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 この日をもちまして、平成31年を迎えました。 そして、その平成31年は4月で幕を閉じます。 先程、ニュースで新元号は4月1日に公表するとの知らせが入りました。 平成が今年で終わると言う実感は、まだ沸かないけど、4月に入ってか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青学大が大会新記録で4連覇達成!

新春恒例の第94回箱根駅伝。 往路2位だった青学大が復路に入って6区で逆転し史上6校目の3連覇を達成。 タイムも10時間57分39秒と大会新記録を達成しました。 前日の往路では1区から東洋大が先頭。 2区に入ってからも安定した走りを続けて4区では1年生の吉川選手が区間新記録を達成し、2位・青学大との差を2分以上に広げる快走。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セレッソ大阪が天皇杯制してシーズン2冠を達成

セレッソ大阪が天皇杯優勝。 ルヴァン杯と合わせて今シーズン2冠を達成しました。 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今回の決勝カードはセレッソ大阪vs横浜Fマリノス。 マリノスにとってはACL出場がかかった試合。 一方のセレッソはシーズン3位でACL出場は決まっているが、天皇杯を落とすと今月末にプレーオフを戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年 新年のご挨拶

2018年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 今年で平成30年を迎えます。 そして、その平成も間もなく終わろうとしています。 私は昭和生まれですが、平成になってからの方が長く生きているので、自分の中では昭和よりも平成という元号の方に思い入れがあります。 その元号が終わりを迎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青学大が箱根駅伝3連覇&3冠達成!

新春恒例の第93回箱根駅伝。 往路を制した青学大が復路も安定して走りを続けて史上6校目の3連覇。 そして出雲・全日本につぐ今シーズンの3冠を達成しました。 年末年始は晴天に恵まれている関東地方ですが、昨日の往路と今日の復路も晴天。 やはり絶好の天候で走らせてあげたいものです。 青学大は往路の3区でトップに立ち、このリー…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

鹿島アントラーズが6年ぶり天皇杯制覇

鹿島アントラーズが天皇杯制覇。 6年ぶりに天皇杯を制しました。 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今回の決勝カードは鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ。 CS準決勝以来の対戦となる両チーム。 そこではアントラーズが勝って逆転でのリーグ優勝を飾るきっかけとなったが、フロンターレは悲願の初タイトルを獲得し、風…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年 新年のご挨拶

2017年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 昨年は自分にとって良い年であったのか、良くない年であったのか、正直よくわからない1年でした。 昨年とは言っても先月の出来事のせいかな? つい先程まで行われていた紅白歌合戦では紅組の勝利。 しかし、視聴者投票と会場投票では白組…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

箱根駅伝 青学大が2連覇

新春恒例の第92回箱根駅伝。 前回優勝の青学大が2位以下に大差をつけて2連覇を達成しました。 昨日、今日と首都圏は例年より暖かい気候。 やはり今年は暖冬ですね。 でも走る選手にとっては絶好のコンディションになります。 往路は1区からスピードレースの様相を呈したが、六郷橋付近で青学大・久保田選手が先頭に立ち、このままトッ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

またしてもガンバに敗れ今季も無冠

第95回天皇杯サッカー決勝。 今大会の決勝カードは浦和レッズvsガンバ大阪。 天皇杯連覇を目指すガンバ大阪と9大会ぶり天皇杯制覇を目指す浦和レッズの対決。 これで両チームの今季の対決はゼロックス杯、リーグ戦(ホーム&アウェー)、CS準決勝を含めて5試合目。 これまでの4試合はガンバの3勝1敗。 元日ではありますが、私も…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

2016年 新年のご挨拶

2016年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 昨年は自分にとっても節目となる1年でした。 今年は公私ともに充実した1年にしたいと思っています。(毎年同じ事書いているような・・・) 今年の三箇日は土日が絡んでいるので、何だか損した気分ですが、残り3日となった年末年始休みを有…
トラックバック:11
コメント:4

続きを読むread more

箱根駅伝 青学大が初の総合優勝

新春恒例の第91回箱根駅伝。 青学大が初の総合優勝を決めました。 前日の往路は青学大が5区・神野選手の快走で初の往路優勝。 2位・明大とのタイム差は4分以上。 青学大は6区から堅実な走りで首位をキープ。 6区は区間2位、7区から9区まで区間賞の快走で2位以上との差を更に広げて最終区へ。 アンカーの選手も安定した走りを…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

青学大が初の往路優勝

新春恒例の第91回箱根駅伝。 青学大が初の往路優勝を決めました。 レースは1区から昨年覇者・東洋大、昨秋の全日本覇者・駒大を中心とした有力校が中心となるレース。 1区では神奈川県に入ってから駒大が抜け出してトップで2区の村山謙太選手へ。 現役学生の中では1万メートルトップの記録を持つ村山謙太選手と、双子の弟である城西大の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2015年 新年のご挨拶

2015年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 年末の挨拶でも申しましたが、昨年後半に体調を崩して、今でも治療中の身です。 今年は自分にとっても節目の年になりますが、今までと同じようにはいかないみたいなので、無理や無茶はせずに今の自分にあったライフスタイルを確立したいと思っていま…
トラックバック:15
コメント:6

続きを読むread more

いざ鎌倉

三が日は終わりましたが、明日、明後日と土日なので、まだ年末年始休み中です。 時間を持て余しているので、今日は初詣を兼ねて鎌倉まで小旅行に行ってきました。 なぜ鎌倉かというと、昨年末にテレビ東京系列「アド街」の鎌倉特集を見て、行ってみたくなったのが第一の理由。 鎌倉を訪れるのは10年くらい前に紫陽花を見にいって以来です。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根駅伝 東洋大が2年ぶり総合優勝

新春恒例の第90回箱根駅伝。 東洋大が2年ぶり4回目の総合優勝を決めました。 初日の往路は1区から高速レース。 1万メートルの大学記録を持つ早大・大迫選手中心に展開されるが、その大迫選手が終盤に失速。 1位・日体大、2位・駒大、3位・東洋大と1区から3強の一騎打ちの展開。 出雲、全日本を制した駒大が2区で首位に立つが、…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

横浜Fマリノスが21年ぶり天皇杯優勝

横浜Fマリノスが天皇杯初優勝。 21年ぶりに天皇杯を制しました。 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今回の決勝カードは横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島。 リーグ戦1位と2位のチーム同士の対決。 サンフレッチェが勝って2冠達成なるか、マリノスがリーグ戦の雪辱を果たすか。 3月並みの暖かい気温の中で行われ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2014年 新年のご挨拶 

2014年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 昨年は公私ともに、あまり大きな変化のない1年でした。 でも、仕事は何故か忙しかったです。 今年はどうなる事でしょうか? 年末は天気が良くなかったけど、天気予報を見る限りでは三が日の首都圏は晴天の予報。 やはり新年はいい天気…
トラックバック:20
コメント:12

続きを読むread more

箱根駅伝 日体大が30年ぶり総合優勝

新春恒例の第89回箱根駅伝。 日体大が30年ぶりに総合優勝を決めました。 初日の往路では強風の影響で例年よりも遅いペース。 その状況下で、連覇を狙う東洋大が1区から首位に立ち、2区では2位に順位を下げたが、3区で再び首位に立ち、4区まで首位をキープして5区へ。 絶対的エースだった柏原選手が卒業して5区で早大と日体大に抜か…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

柏レイソルが天皇杯優勝

柏レイソルが天皇杯初優勝。 2年連続でのACL出場権を獲得しました。 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今回の決勝カードはガンバ大阪vs柏レイソル。 元日の東京は晴天で平年より気温も温かい。 絶好の条件で決勝戦が行われます。 ガンバはレアンドロ、レイソルはレアンドロ・ドミンゲスがそれぞれ出場停止明け。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2013年 新年のご挨拶 

2013年になりました。 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 昨年は公私ともにいろいろあった1年でした。 何かと忙しなかったけど、一昨年に比べれば良い1年を過ごせたと思っています。 年末は天気が良くなかったけど、天気予報を見る限りでは三が日の首都圏は晴天の予報。 やはり新年はいい天気で…
トラックバック:22
コメント:6

続きを読むread more

箱根駅伝 東洋大が2年ぶり総合優勝

新春恒例の第88回箱根駅伝。 東洋大が10時間51分36秒の大会記録で2年ぶり3回目の総合優勝を決めました。 1区は連覇を目指す早大が昨年に続いて大迫選手が2年連続区間トップの快走でトップに立ったが、2区で東洋大が早大を交わして首位。 3、4区と首位をキープして、5区の柏原選手が4年連続となる区間1位に加え、自らが持つ区間記録…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

箱根駅伝 早大が18年ぶり総合優勝

新春恒例の第87回箱根駅伝。 早大が3連覇を狙う東洋大学とのデッドヒートを制して18年ぶり13回目の総合優勝を達成しました。 1区から1年生・大迫選手の快走で首位に立った早大は2区以降も安定したレース運び。 5区で柏原選手擁する東洋大に逆転を許し、往路優勝は3年連続で東洋大に譲ったものの、6区で早大が再び逆転。 途中で凍った…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

鹿島アントラーズが3年ぶり天皇杯優勝

鹿島アントラーズが3年ぶり4回目の天皇杯優勝。 来シーズンのACL出場権を獲得しました。 第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今大会の決勝カードは鹿島アントラーズvs清水エスパルス。 勝った方が来シーズンのACL出場権獲得するという、両チームにとって大事な試合。 清水エスパルスの長谷川監督にとって最後の采配。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

2011年 新年のご挨拶 

A HAPPY NEW YEAR! 新年明けましておめでとうございます! 2010年も多くの方々にお世話になりました♪ 本年も宜しくお願いします。 今年は卯年。 自分は〇男になります。(以下自主規制) 今年はウサギを祭った浦和の調神社へ初参りに行く予定です。 昨年は寒波に見舞われた春、猛暑に見舞われた夏と天候不…
トラックバック:39
コメント:6

続きを読むread more

箱根駅伝 東洋大が連覇

新春恒例の第86回箱根駅伝は、東洋大学の連覇で幕を閉じました。 東洋大は前回大会同様に柏原選手を5区に敷く布陣。 4区終了までの時点で首位を走っていた明大とは4分26秒差の7位。 ここから昨年同様の快走で前を走っていた各大学の走者を抜きまくり、そして、山中で首位・明大をも捉えて一気に首位に立ち、昨年に自身が更新した区間記録を更…
トラックバック:17
コメント:2

続きを読むread more

ガンバ大阪が天皇杯連覇

ガンバ大阪が前回大会に続いて天皇杯を制しました。 第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。 今大会の決勝カードはガンバ大阪vs名古屋グランパス。 ガンバが勝てば前回大会に続いての天皇杯連覇、グランパスが勝てば10大会ぶりの優勝に加えて来季のACL出場権を獲得。 この試合の主審は扇谷SR。 決勝戦を戦う両チームに対し…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

2010年 新年のご挨拶 

A HAPPY NEW YEAR! 新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願いします。 今年は2010年。 21世紀に突入してから、今年で10年目になります。 本当に時が経つのは早いものです。 このブログを開設したのが2005年5月5日なので、あと5ヶ月で5周年を迎える事になります。 正直、始めた…
トラックバック:31
コメント:14

続きを読むread more

高校サッカーもベスト8出揃う

正月スポーツの風物詩といえば天皇杯と箱根駅伝、そして高校サッカー。 今大会は波乱含み。 優勝候補に挙げられていた高校が早い段階で姿を消してしまっています。 インターハイ2連覇で夏冬連覇を狙う市立船橋(千葉)が初戦で香川西(香川)と地元・千葉の市原臨海競技場で対戦しましたが、前半に2失点を許す意外な展開。 後半に1点を返し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more