2022年セ・パ交流戦開幕

今日からセ・パ交流戦が開幕。
今年は、どんなドラマが用意されているのでしょうか?

巨人4-2東北楽天
先発はジャイアンツ・メルセデス、バファローズ・山岡。

試合はジャイアンツが4回に先頭の吉川選手がヒットで出塁。
続く4番・岡本選手がセンターオーバーの特大2ランで先取点。
ジャイアンツの先発・メルセデス投手は6回を無失点の好投で、試合は終盤へ。

メルセデス投手は7回に無死満塁のピンチから2アウトを取って、あと1アウトでピンチ脱出だったが、代打・佐野選手の2点タイムリーを打たれて同点に。
8回表にバファローズは一死三塁の勝ち越しのチャンスだったが無得点、

その裏にジャイアンツは2つの四球でチャンスを作り、ウォーカー選手のタイムリーで勝ち越し。
この後、もう1点追加して2点差に。
9回を大勢投手が締めて、ジャイアンツが交流戦白星発進。
原監督は監督通算勝利数が歴代10位タイとなりました。

東京ヤクルト3-1北海道日本ハム
先発はスワローズ・サイスニード、ファイターズ・加藤の両投手。

試合は5回にファイターズが先取点。
ファイターズの先発・加藤投手は7回を無失点に抑える好投で、8回から継投へ。
しかし、代わった堀投手が内山壮真選手にプロ初ホームランを打たれて同点とされ、試合は延長戦へ。

そして、延長11回裏にスワローズが二死一塁の場面で村上選手が左中間スタンドに突き刺さるサヨナラホームラン。
延長戦となった熱戦はスワローズが劇的なサヨナラ勝ちを決めました。

DeNA4-3福岡ソフトバンク
先発はベイスターズ・今永、ホークス・石川。

試合は初回にホークスが今永投手の立ち上がりを攻めて幸先よく2点を先取。
しかしベイスターズも反撃に出て3回と4回に1点ずつ返して同点に追いつき、6回に代打・大和選手のタイムリーで勝ち越し。
逆転されたホークスは7回に1点を返し、再び同点。

そして、8回裏にベイスターズは二死二、三塁からバッテリーエラーで勝ち越し。
このリードを山崎投手が締めてベイスターズが逆転勝ちで交流戦を白星発進しました。

埼玉西武8-5中日
先発はドラゴンズ・小笠原、ライオンズ・佐藤。

試合はライオンズが初回に3点、2回に1点を取って、序盤で4点を先取。
対するドラゴンズも2回に1点、3回に2点を返して1点差とするが、ライオンズが4回に2点を追加。

7回には呉選手に2ランが出てダメ押しとなる追加点。
ドラゴンズも8回に2点を返したが及ばず。
ライオンズが13安打8得点の猛攻でドラゴンズに勝利しました。


以下追記予定

阪神1-0東北楽天
先発はタイガーズ・西勇輝、イーグルス・田中。

試合は両先発投手の投手戦で、5回まで両チーム無得点。
均衡が破れたのは6回裏。
タイガースは、二死二塁から大山選手がセンター前へタイムリーヒットを打って先取点。

この虎の子の1点を5人の投手リレーで守り切ったタイガースが逃げ切って3連勝。
反対にイーグルスが残塁の山で4連敗となりました。

千葉ロッテ7-0広島
先発はカープ・床田、マリーンズ・石川。

試合は、初回にマリーンズが1点を先取。
2回から4回まではお互いに無得点だったが、5回にマリーンズが松川選手のタイムリーで追加点。
その後も中村奨吾選手の3ランなどで7得点。

マリーンズの先発・石川投手はセ・リーグのチーム打率トップのカープ打線を7回無失点に抑える好投。
結局、試合はマリーンズがカープに完封勝利を飾りました。

交流戦開幕試合はセ・リーグの4勝2敗。
セリーグが勝った試合が、全て2点差以内と接戦をものにしました。
今年は観客制限なしで行われる交流戦。
1人でも多くのファンに球場へ足を運ばせてくれるようなプレーを魅せてほしいです。

"2022年セ・パ交流戦開幕" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント