リーグ戦復帰初戦もスコアレスドロー

Jリーグ第12節。
浦和レッズは、アウェー・三協フロンテア柏スタジアムにて柏レイソルとの対戦。

約1ヶ月ぶりのリーグ戦。
再開後の初戦は、前節まで3位と好調の柏レイソル。
レッズは日本にいない間に16位まで順位を下げてしまったが、新戦力も入った事で、ここからが巻き返しの戦い。

スタメンには、新外国人戦力のシャルク選手がリーグ戦初スタメン。
故障者が出ている両サイドバックには、馬渡選手と明本選手を起用。
この時期に柏レイソルが相手という事もあって、試合前に柏餅を口にしましたw

試合はレッズが江坂選手を起点にした攻撃でレイソル陣営に攻め込み。レイソルも2トップを中心に攻めていく互角の展開。
ともに無得点のまま前半終了。

後半開始して12分にシャルク選手のシュートがゴールネットを揺らし先取点かと思われたが、オフサイドの判定でゴールならず。
その後も0-0の均衡が破れぬまま、後半もATへ。
ATの目安は6分。

目安の6分が近づいた時にレッズがCKを獲得し、ショルツ選手がPA手前付近から右足でシュートを放つ。
しかし、ボールはクロスバーに当たって得点に至らず、このまま試合終了。
両チーム勝ち点1を分け合う結果になりました。
レッズは得失点差の関係で、順位を16位から14位に上げました。

久しぶりのリーグ戦。
前節まで3位につける好調のチームが相手でしたが、優位に立つ時間が多いながらもフィニッシュの精度を欠きドロー。
シャルク選手のリーグ戦初ゴールかと思われたシュートもオフサイド。
得点力不足は相変わらず。

次節は、13日の金曜日。
ホーム・埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。

ホーム3連戦の1戦目。
相手は昨日の試合で首位・鹿島アントラーズに完勝していて調子が良さそう。
しかし、大事なホーム3連戦なので、初戦を勝ってマリノス戦、鹿島戦へと繋げていきたいです。

最後に柏まで参戦されたサポの皆様、お疲れ様でした。

"リーグ戦復帰初戦もスコアレスドロー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント