またしてもドロー 4月未勝利のままACLへ

Jリーグ第8節。
浦和レッズは、アウェー・味の素スタジアムにてFC東京との対戦。

ACL前最後のリーグ戦。
相手は他チームより試合消化数が少ないながらも上位に位置するFC東京。
故障者や退場者(出場停止)が多く、なかなかベストメンバーが組めない状態だが、まだ未勝利のアウェーで勝ってACLに挑みたい試合。

スタメンには酒井選手が3試合ぶりのスタメン。
ボランチには出場停止の伊藤選手の代わりに柴戸選手が、これまた久しぶりのスタメン。
FWはユンカー選手の1トップ。

この時期にしては暑い中で行われた試合は立ち上がりから一進一退の攻防。
レッズが両SBとユンカー、モーベグルの外国人選手を起点に攻勢に出て、モーベルグ選手のシュートがゴールネットを揺らし先取点かと思われたがオフサイドの判定。
結局、前半は両チーム無得点で前半を終了。

後半も前半同様の展開。
お互いにゴール前までは、いい形で攻め上がるが、お互いにフィニッシュまで持って行けず。

結局、試合は0-0のスコアレスドロー。
両チーム勝ち点1を分け合う結果になりました。
レッズの4月のリーグ戦は3戦3分けの結果となりました。

今日の試合は自宅でTV観戦。
NHK総合テレビで地上波中継があったので、こちらを優先して見ていました。
ただ、カメラワークが。
酒井、長友と日本代表のSBが出場する試合だからって、サイドバック目線での中継が見辛かったですね。

TV中継を見つつも、途中から気になる知らせが入ってきて、途中からはそっちの方に注目してしまいました。
やはり、世紀の大記録がかかっているとなると気になってしまうものです。

日中は夏日を記録する程で、試合開始も14時と暑さが残る時間帯でしたが、両チームとも最後まで走っていたし、息切れすることなくプレーしていたと思います。
レッズも前半に何度か決定的な場面がありながらも得点を奪うに至らず。
お互いに似たような形でチャンスを潰していたので、今回の結果も妥当なのかなと思いました。

さて、ここからレッズはACLを戦います。
今日、暑い中で試合が出来たということはACLに向けて、いい経験になったかなと思う事にしたいです。
短期間で6試合戦う事になりますが、ここはターンオーバーを駆使して、各試合を万全なコンディションで臨んでほしいと思います。

"またしてもドロー 4月未勝利のままACLへ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント