映画「決戦は日曜日」

映画「決戦は日曜日」を鑑賞しました。

この映画は、父親の地盤を引き継ぎ、急きょ出馬することになった新人候補と秘書の選挙活動を描く社会派コメディー。
事なかれ主義の議員秘書と、世間知らずだが熱意だけは人一倍ある二世候補の選挙戦を映し出す作品。

ストーリーの主人公は、地方都市に強い地盤を持ち、衆議院議員に何度も当選してきた川島昌平の事務所で私設秘書として働いている谷村勉(窪田正孝)。
中堅秘書として議員のサポート役に徹し、今の仕事にも満足していたが、ある日突然川島昌平が病で倒れ、時を同じくして衆議院が解散する。
地盤を継いで選挙に出る人物として、川島の娘の有美(宮沢りえ)が選ばれる。

2022年公開の映画で最初の鑑賞作品。
タイトルが「決戦は日曜日」というわけで日曜日に鑑賞してきました。

最初は政治家の娘ながら政治に関しては素人である川島有美が病気で倒れた父の後任として推薦され選挙に立候補する流れ。
そして、政治活動を続けていくうちに有美は政治の世界を知っていくことになります。

自分も最初は政治ネタをコメディタッチにした映画かと思っていました。
ストーリー前半はそうでしたが、話が進むに連れて政治の世界あるあるへと変わっていき、リアルすぎて笑えない場面も。
川島昌平の不正を知りつつも見て見ぬふりをし、挙句の果てには自分が身代わりとなって責任をかぶる秘書たち。
いつの間にか秘書が1人いなくなっていましたね。(気のせいか)
まさに政界の常識は世の中の非常識(汗)

有美は政治に関しては素人なので、父や取り巻き達のやっている事におかしいと気づきながらも後戻りできない状態に。
そんな有美が決断した事は選挙に落ちること。
その有美の計画に秘書の谷村も協力する事になります。
もし有美が選挙に落選したら、谷村も無職になってしまうわけですが、そんな事もお構いなしに有美とともにムチャを繰り返していく様は痛快でした。
そして本人たちが望んでいる事とは逆に展開になってしまうことも。

今年の夏、参院選が行われる予定です。
参院選に立候補する候補者たちは決戦の日曜日に向けて、どのような活動を繰り広げていくのか見てみたくなりました。

"映画「決戦は日曜日」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント