映画「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」

映画「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」を鑑賞しました。

この映画は、アメリカで実際にあった訴訟事件をベースにしたドラマ。
発がん性物質を廃棄していた大手化学メーカーに対し、ある企業弁護士が7万人の住民を原告団にした集団訴訟を起こす作品。

ストーリーは、1998年。オハイオ州の名門法律事務所で働く弁護士ロブ・ビロット(マーク・ラファロ)は、ウェストバージニア州の農場主ウィルバー・テナントからある調査依頼を受ける。
それは大手化学メーカーのデュポン社の工場から出た廃棄物が土地を汚染し、190頭の牛が病死したというものだった。
廃棄物について調べるロブは、デュポン社が発がん性物質の危険を隠蔽し、40年にわたってそれを廃棄していたことを知る。
ロブは住民7万人を原告にして、デュポン社に対する集団訴訟を起こす。

正月明けにレイトショーで鑑賞。
実話を基に描いた作品との事なので気になって劇場で観る事にしました。

全体的に観た感想としては、昨年秋に鑑賞した「MINAMATA」と重なるような作品。
大手工場が原因の環境汚染によって人々の体を蝕んでいく過程なんかが、まさにそれでした。
動物までも被害に遭ってしまうシーンを見ていると、本当に居た堪れなかったです。

字幕で西暦が変わっていくところを見ても、長い間、人々を苦しめ戦っていた事を実感します。
それも、西暦が今に近づいていくにつれて、デュポン社を相手にどう戦っていくのかも気になりました。

企業を守る側の弁護士、弁護士事務所が、社会のために民間側の方に回る姿勢が熱いです。
ただ、これはアメリカだけの問題ではなく、日本とて過去に似たような「公害」を出しています。
その1つが「MINAMATA」なんですけどね。

劇中内では、エンドロールのあたりで、その後の詳細を綴っています。
ここは「MINAMATA」と同じですね。
ちょっと消化不良な部分はありましたが、ロブ・ビロットという弁護士の偉大さを感じます。
今後、こういった環境破壊を起こさないような努力を企業側にも見せてほしいですね。

"映画「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント