再開後初戦は昨季王者相手にスコアレスドロー

今日からJ1が再開。
浦和レッズの再開後最初の相手は昨季王者・横浜Fマリノス。

新型コロナウィルス拡大の影響で、1節消化後に中断したJリーグ。
それから約4ヶ月。
プロ野球が開幕しているとは言え、本当に長かったです。
ここに来て、再び感染者数が増加していますが、再開できた事は素直に嬉しいです。

今日の試合はテレ玉にて観戦。
当分の間は、家での観戦になりますが、埼スタやアウェーで観戦できるようになる日を心待ちにしたいです。

レッズのスタメンは以下の通り
GK:西川
DF:橋岡、デン、岩波、山中
MF:長澤、青木、柴戸、汰木
FW:杉本、興梠

中断期間中に加入したデン選手が移籍後初スタメン。
FWは興梠、杉本の2トップ。
レオナルド選手が、4日後の次節に備えて温存っぽいです。

試合は、前半はレッズがサイドチェンジを多用して守備的な選手も積極的に攻撃に参加。
汰木選手や長澤選手の動きも良さも相まって、マリノス相手に互角の展開を持っていく。
しかし、ゴールは生まれずに前半は0-0で終了し、後半へ折り返し。

後半になるとマリノスが主導権を握り、試合途中から出場した外国人選手に翻弄される場面も目立ち、前半活躍していた汰木、長澤が退いた事もあってかボールも運べずに防戦一方。
それでも、必死のディフェンスでマリノスの強力攻撃陣を無失点に抑えて、試合はスコアレスドローで終了。
両チームともに勝ち点1が与えられました。

昨年はホーム、アウェーともにボコボコにやられたマリノス相手にスコアレスドロー。
4ヶ月ぶりの試合で、お互いに本調子ではなかったかもしれませんが、それでも昨季とは違うぞと思わせてくれる試合でした。

この試合で目立っていたのは汰木、柴戸、デンの3選手。
汰木選手は得意のドリブルだけでなくシュートでも相手GKの好守に阻まれたものの、いいシュートを放っていました。
柴戸選手はボランチとして球際の強さを発揮し、何度もボール奪取をする場面がありました。
彼も大卒3年目。
サッカー選手としては決して若くはないので、次節以降も、この調子でレギュラーポジションを掴み取ってほしいです。

そして、新加入のトーマス・デン選手。
先月の町田とのTMでも身体能力の高さを見せていましたが、それだけでないですね。
カバーリングやタ対人との強さで無失点に貢献。
彼は現役のオーストラリア代表選手との事ですが、これまでオーストラリア出身の選手がレッズでは活躍できていなかったので不安もありましたが、今回はそうでもなさそうです。

試合以外で目についたのは赤く彩った客席の装飾。
埼スタの客席は青(一部のシートは緑)ですが、あそこまで赤く出来るのは素晴らしいです。
ゴール裏では、観客がいるのではないかと思わせるほどのビジュアル。
横断幕掲出が反対されてしまいましたが、これが却って、いい方向に進んだようです。

次節は4日後。
アウェー・ユアテックスタジアムにてベガルタ仙台との対戦。

ベガルタとは2月のルヴァン杯で対戦済み。
その時は勝っているけど、今度は敵地なので、そう簡単にはいかないと思います。
降格がないとはいえ、やはり順位は上にいるのが気分がいいというもの。
実戦感覚を取り戻しつつ、勝ち点も上積みしていきたいですね。

"再開後初戦は昨季王者相手にスコアレスドロー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント