映画「キャプテン・マーベル」

映画「キャプテン・マーベル」を鑑賞しました。

この映画は、ブリー・ラーソンをヒロインに迎え、1990年代の地球を舞台に描くアクション。驚
異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑む作品。

ストーリーの舞台は1995年のロサンゼルス。
ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。
彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない「記憶」がフラッシュバックすることが悩みだった。
その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に戦いに身を投じることになる。

マーベル・スタジオの作品として初めての女性ヒーローが単独主役。
アベンジャーズにも関連する作品との事なので、劇場鑑賞してみる事にしました。(鑑賞してからレビューまで日が経ってしまったが)


クリー帝国の女性戦士・ヴァースは、自分の記憶を狙うスクラル人との戦いの最中、地球に不時着する。
着いた場所は1990年代のロサンゼルス。
後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと遭遇したヴァースは、自らの記憶を取り戻すべく旅に出る。

詳細を書くのは、ここまでにしますが、男性ではなく女性をヒーロー(ヒロイン?)にした事が、真新しさを与え、女性ならではの魅力も感じさせてくれました。

最初のうちは退屈でしたが、舞台を地球に移してからが面白くなりましたね。
地球人からすると、コスプレをしているようにしか見えないヴァースは不審者だし、追っ手のスクラル人が擬態化した人間の老婆をぼこぼこに殴ったりと、間近で見ていたら退いてしまいそうです。
でも、それを真顔で演じているのが、別の意味でおかしかったです。

話しが進んでいくにつれて、ヴァースが本当に倒す敵が誰なのかわかった時点で、ストーリーは急展開に加速していきました。
ここでもヴァースの破天荒ぶりを見る事が出来ましたね。
そして猫のグースも大活躍。
ある意味では、この作品で最強なのは猫なのかもしれませんw

エンドロールでは、昨年公開した「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のラストと関連する場面で、ヴァースが登場してきます。
宇宙人だから、存在が消えずに済んでいるって事なのかって疑問はさておき、GW公開の「アベンジャーズ エンドゲーム」に、何らかの形で登場するのは確かなようですね。



"映画「キャプテン・マーベル」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント