映画「アリー/スター誕生」

映画「アリー/スター誕生」を鑑賞しました。

この映画は、ブラッドリー・クーパーが監督と製作を担当し、数々のヒット曲で知られるアーティストのレディー・ガガが主演を務めたドラマ。
スター歌手に才能を見いだされた女性が、スターダムへと上り詰める姿が描かれる作品。

ストーリーは、昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリー(レディー・ガガ)は、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。
ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)から歌を高く評価される。
アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく。

昨今、音楽映画のヒットが続いていますが、その流れに乗ったかのように上映された本作品。
世界的にも有名なレディー・ガガを主演との事で、どのような作品になっているのか興味を持って劇場鑑賞に臨みました。

全体的な感想としては、自分が思い描いていた内容とは違っていました。
「ボヘミアン・ラプソディ」と比較しても、音楽映画よりも恋愛映画みたいだったし、歌うシーンよりもアリーとジャクソンの荒れた私生活の方に目が向いてしまいがちになった人は多かったかと思います。
「スター誕生」である一方で「スター転落」でもありましたね・・・。

ストーリーとしては今一つでしたが、レディー・ガガの演技は良かったと思います。
前半はスターのオーラを消し、どこにでもいそうな素朴な女の子に見えました。

アリーのドラマチックな人生は、クラブのダンサーから世界的なスターになったレディー・ガガの人生そのものなので、フィクションというよりはドキュメンタリーの要素が強く感じました。
でも、せっかく映画の主演に起用したのだから、もっと歌うシーンを増やしても良かったのではないでしょうか?

アリーがスターダムにのし上がっていく一方で、ジャクソンは落ちぶれていく。
その交差する才能が交わらなかったのが残念でしたね。
ジャクソンが最後に下した行動も残念すぎる。
それだけ、ラストのコンサートの場面は白けた気持ちで観てしまいました・・・。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

"映画「アリー/スター誕生」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント