映画「くるみ割り人形と秘密の王国」

映画「くるみ割り人形と秘密の王国」を鑑賞しました。

この映画は、童話やチャイコフスキーの楽曲で知られる「くるみ割り人形」の物語を実写化したファンタジー。
少女クララの不思議な冒険を壮大なスケールで活写する作品。

ストーリーは、14歳の少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、機械をいじることが大好きで、ほかの子と遊んだりお洒落をしたりすることが不得意だった。
ある日、彼女の豊かな想像力と聡明さを認めてくれていた母親が亡くなる。
悲しみの中、彼女は「花の国」、「雪の国」、「お菓子の国」、「第4の国」から成る秘密の王国に迷い込む。
そこでクララは、自分のことをプリンセスと呼ぶくるみ割り人形フィリップやシュガー・プラム(キーラ・ナイトレイ)と出会う。

バレエの楽曲で有名な「くるみ割り人形」。
ディズニー作品ですが、実際に劇場鑑賞すると確かにディズニーの映画でした。

童話やチャイコフスキーの名曲を下に、ディズニーらしい創造性に富んだ独特なファンタジー劇が繰り広げられる。
本物の花やお菓子を使って実際に建てたきらびやかなセットによる世界観は、その映像美に目が奪われてしまいますね。

ディズニー映画らしく、この映画でも悪役も出てきます(汗)
最初はクララから鍵を奪ったマザー・ジンジャー(ヘレン・ミレン)かと思いましたが、悪役は別の人間だった。
その悪役がエンディングのキャストで一番最初に名前が出てくるのって、どうなんだろうかとエンドロールを見ている最中に考えました。(誰だかわかってしまうだろ・・・)

クララを演じたマッケンジー・フォイ。
彼女は初めて見る顔ですが、本作品の実質的主役と言っていいでしょうね。
今後が楽しみな女優さんです。

エンディングでバレエを踊るシーンは必見ですね。
女性のバレリーナも素敵でしたが、エンディングのバレエの方が個人的には壮観でした。

この映画のタイトルにもなっている「くるみ割り人形」。
果たしてくるみは、どこで出てきたのだろうか?


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"映画「くるみ割り人形と秘密の王国」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント