攻守に大きい坂本選手の穴

高校野球地区予選も各地で始まりました。
そんな高校野球の季節ですが、今日は東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦しました。

昨日は延長12回ドロー。
夜10時まで戦った翌日のデーゲーム。
先発はジャイアンツ・アンドリース、ベイスターズ・濱口の両投手。
todo0709.JPG
試合は3回表にベイスターズが連打と死球で無死満塁と絶好のチャンス。
しかし、4番・牧選手がホームゲッツーに倒れるなどして無得点。
一方のジャイアンツも、その裏に無死二塁の先取点のチャンスだったが後続が続かずに先取点ならず。
4回表にベイスターズがソト選手のホームランで先取点。
試合は1-0とベイスターズ1点リードで終盤へ。

ベイスターズ・濱口投手は7回まで2安打無失点の好投。
8回裏に3安打を打たれて途中降板したが、代わった伊勢投手が後続を抑えてピンチ脱出。
同点にピンチを抑えたベイスターズは9回に貴重な追加点。
回跨ぎで9回裏のマウンドに上がった伊勢投手が無得点に抑えて試合終了。
試合はベイスターズが2-0とジャイアンツの完封勝利しました。
1kaiurakyojin.JPG
ベイスターズは毎回安打の2ケタ安打を打ちながら7回までホームランの1点のみ。
そうなると流れは相手に傾くものですが、濱口投手の好投が光りました。

一方のジャイアンツは3連勝と上り調子だったが、坂本選手が腰痛による登録抹消から2敗1分け。
得点は全てホームランによるもの。
何だか急に打線が繋がらなくなってきましたね。
勝負強い坂本選手が5番にいるのは効いていたのかなと思います。
hamagutinace.JPG
baystarslunch.JPG
そして坂本選手不在の影響な守備でも。
代わりに入った中山選手は打つ方では1安打1四球と結果は出しましたが、守備の方で不安定さを露呈。
中でも9回の守備で併殺打でチェンジになっていた筈がベースカバーが遅れて二塁セーフ。
その後、ダメ押し点を奪われただけに痛いミスとなりました。

しかし、いつまでも坂本選手に頼っていられないのが現状。
将来的に考えると中山選手の飛躍にかかる期待が大きいので、何とか守備面の不安を払拭してほしいものです。

この記事へのコメント