シュート外しすぎ問題

Jリーグ第20節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて京都サンガFCとの対戦。

前節は、辛うじてドローに持ち込んだレッズ。
ここからホーム2連戦の日程で、今日戦いのは京都サンガFC。
開幕戦で苦杯を喫した相手なので、同じ相手に2度は負けられない試合。

スタメンでは前線に松尾選手を起用。
モーベルク選手が久しぶりのスタメン出場。

試合は前半開始早々にレッズがPKを獲得。
このPKをモーベルグ選手が決めてレッズが先取点。
38分にも再びPKを獲得して、このPKをモーベルグ選手に任されたが、今度は失敗。
結局、前半はレッズが1点リードでハーフタイムへ。

後半開始間もなくCKから同点に追いつかれ、2分後にはミスを突かれてしまい、あっという間に逆転を許してしまう。
しかし、レッズもモーベルグ選手の、今日2本目のゴールが決まって、直ぐに試合を振り出しに戻すシーソーゲーム。

その後もレッズが押し気味に試合を進め、相手陣内に攻め込み、幾度となく決定機を迎えたが、悉く決め切れず。
結局、試合は2-2のドローで終了。
両チーム勝ち点1を分け合う結果となりました。

今日は平日という事もあって自宅でネット観戦。
天気にしたって、そんなに雨降らなかったですね。

前半の早い時間帯に先取点を獲得。
その後も、いい形で攻めていましたが、追加点のチャンスとなるPKを外してしまい、嫌な予感はしていました。

その嫌な予感が後半に的中してしまいました。
同点のシーンはともかく、逆転を許したシーンはいただけなかったですね。
そういうミス何回やっているんだと。
そんな停滞ムードをモーベルグ選手が見事に決めて同点に追いついてくれました。
その前の岩尾選手のパスも良かったですね。

しかしながら、シュートを外しまくっていました。
スポナビのスタッツを見ていると、シュート20本も打って決まったのは2本のみ、
特にトップで起用された松尾選手が、悉くシュートを枠の外に外していましたね。
この決定力を何とかしないと、まだまだ残留争いからは抜け出せないと思います。


次節は4日後の日曜日。
ホーム・埼玉スタジアムにてFC東京との対戦。
日曜ナイターではありますが、試合前に投票を済ませてから埼スタへ向かいます。
暑さが残る中での試合になると思いますが、集中力を切らさずに戦い切ってほしいです。

この記事へのコメント

2022年07月07日 06:26
おはようございます。

システム変更で攻撃面で良い部分も出ましたが勝ち切れない流れを止めるにはゴールを決め切る事が重要なのは色々なクラブで勝てない時期を観てきただけにまずはチャンスを多く作れた事を今は良しとしたいところです。

レッズファミリーの殆どの方が確りルールを守っている事は十分理解しています。そうでなかったらゴール裏のサポーターグループだけで観たら浦和へ移籍加入しようなんて思いませんでしたし、自分の目で何度も埼スタに行ったからこそわかるレッズファミリーの姿を観たからこのクラブで戦いたいという気持ちなのでゴール裏の人たちには考えを改めてほしいものです。
2022年07月07日 11:01
おはようございます。
またやらかしてくれた西川のあの病気には本当に萎えてしまいますが、もう西川だけに治らないのはわかっていても、それでも、まだこの期に及んでそれやるか?というものだっただけに、残念の一言しかありません。
シュートを外しまくる病も相変わらずと言えば相変わらずなのですが、決定機を作れていながら、対して外す数がちょっと異常ですね。決められないまでも、せめて枠内に蹴ってくれと言いたいです。特に決まって枠に行かない大久保とか・・・。
FREE TIME
2022年07月07日 23:15
 >PGM21さん
こんばんは。
2点取る事が出来ましたが、決定機の数を考えると、もっと取れていてもおかしくなかったと見ています。
ゴール裏の連中の無法ぶりには呆れるばかりです。
一度、大きな過ちをおかしてクラブに迷惑をかけたにも関わらず、あの有様ですから。
声出し解禁になるなでは、おとなしくルールを遵守してほしい次第です。
FREE TIME
2022年07月07日 23:17
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
一度は逆転された失点の場面は、何年同じことやっているんだよと思いました。
西川選手が正GKでいる限り、この悪癖はなくならないのかなと。
あとシュートを枠外に外し過ぎですね。
シュート練習やっているのか、甚だ疑問です。