東京シリーズ第2R 初戦はジャイアンツ勝利

7月に入り、プロ野球もオールスター前。
今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsスワローズの東京シリーズを観戦してきました。

先月、神宮球場で行われた東京シリーズはスワローズが2勝1敗。
現在、両チームとのゲーム差は13.5ゲームで、スワローズにマジック51が点灯。
過去最速のマジック点灯した中で、ジャイアンツとしてはセリーグの灯を消さない為にも、ホームで意地を見せたい戦い。
TOKYOSERIES2022.JPG
先発はジャイアンツ・戸郷、スワローズ・高橋の両投手。
試合はスワローズが初回に無死一、三塁から山田選手の犠牲フライで先取点。
一方のジャイアンツは、先頭からの5連打で3点を返して逆転。
尚も、追加点のチャンスだったが、後続が続かず3点で攻撃終了。

2回以降は両先発投手が立ち直りの兆しを見せていたが、4回にジャイアンツが大城選手が左中間スタンドに飛び込む2試合連続のホームランで貴重な追加点。
ジャイアンツの先発・戸郷投手は制球に苦しみながらも、好調のスワローズ打線相手に6回1失点に抑える好投。
togovsmurakami.JPG
7回以降は継投策に入り、7回・今村、8回・平内と三者凡退に抑える好投。
9回は大勢投手が連打を打たれるなどしてピンチを招いたが無得点に抑えて試合終了。
ジャイアンツが4-1でスワローズに勝利。
これで東京シリーズ第2R3連戦の初戦を制しました。

球場に着いたのは6時30分過ぎ。
座席に着いた時は2回表の攻撃でした。
初回の攻防を見られなかったのが残念です。

序盤の試合展開の遅さに、何時に終わるのかと思っていましたが、試合終了時刻は9時前。
ジャイアンツ投手陣がスワローズ打線相手に抑えたのが大きかったと思います。

前回は中4日でスワローズ戦に登板した3回もたず降板した戸郷投手。
中8日で臨んだ、今日の試合では、制球に苦しみながらもバックの守備にも助けられて、リーグトップタイの8勝目。
念願の2ケタ勝利まで、あと2勝です。
togo8win.JPG
oshiro5go.JPG
明日、明後日の東京ドームで行われる東京シリーズ。
ジャイアンツは最低でもカード勝ち越しがマストなので、明日はメルセデス投手で連勝といきたいですね。

この記事へのコメント