羽生選手がプロ転向を表明

ソチ五輪、平昌五輪で連続金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手が第一線を退き、今後はプロとして活動することを表明。
今後はプロとして、どのような滑りを魅せてくれるのでしょうか。

フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が19日、都内で記者会見を開き、第一線を退く意向を表明した。羽生自らが公の場で肉声を発したのは、今年2月20日の北京五輪エキシビション以来149日ぶりとなった。上下スーツ姿で登場すると深く一礼した。「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意しました」と表明した。(スポーツ報知)

羽生結弦選手は仙台市出身。
2011年には東日本大震災を経験しましたが、そこを乗り越えて2014年・ソチ五輪、2018年・平昌五輪を連覇。
フィギュアスケートで五輪連覇は、実に66年ぶりの快挙。
冬季五輪の金メダリストで初めて国民栄誉賞を受賞しました。

3連覇を目指した北京五輪では、故障を押して挑んだが惜しくも4位。
しかし、フリーで前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦し転倒も、国際スケート連盟に世界で初めて認定。
3連覇の夢は叶いませんでしたが、五輪で再び歴史を刻みました。

昨日、記者会見を行う発表をした時から引退かなと思っていましたが、正確には競技生活から身を引くと言う事。
今後は、プロスケーターとして新たな活動を広げていく事を決意しました。

これまで、羽生選手が数多くの伝説を築いてきました。
羽生選手の魅力は日本だけでなく世界にも。
今回の発表は世界各国にも大々的に報じられているそうです。
羽生選手のファンは海外にも多いですからね。

今度はプロスケーター・羽生結弦の優雅な滑りを、ファンに見せてほしいです。
まずは、お疲れ様でした。

この記事へのコメント