映画「トップガン マーヴェリック」

映画「トップガン マーヴェリック」を鑑賞しました。

この映画は、トム・クルーズをスターダムにのし上げた出世作「トップガン』の続編。
アメリカ軍のエースパイロットの主人公マーヴェリックを再びトムが演じる作品。

ストーリーは、マーヴェリック(トム・クルーズ)は、かつて自身も厳しい訓練に挑んだアメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称「トップガン」に教官として戻ってくる。
父親と親友を空で失った過去を持つ彼の型破りな指導に、訓練生たちは反発する。
彼らの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)もいた。

前作から36年。
36年前といったら1986年で、その時の作品は前作は観ていません。(TV放送で観たかも)
オープニングで聞き覚えのある曲が流れてきて、この作品のテーマ曲だったのかという事を覚えました。

アメリカ海軍のエリート・パイロットチーム。
通称「トップガン」に生還する可能性ゼロの危険な極秘任務が与えられます。
まだ経験の浅い若手パイロットたちへ秘策を授ける教官として、急遽招かれたのがマーヴェリックことピート・ミッチェル大佐。
このマーヴェリックは、優秀でありながら昇進を拒否し続けて一人で飛び続ける一匹狼。

マーヴェリックが指導する選抜メンバーの中には、かつての相棒の息子が含まれています。
その息子はマーヴェリックに対して反発心を露わにして、日々訓練を積むことに。

詳細を書くのはここまでにしますが、前作の知識がなくても存分に楽しめる内容の作品でした。
スリリングな空中戦に、相次ぐ絶体絶命の危機。
友情と恋愛、悔恨と贖罪、過去と現在が、それぞれピースが収まり、小気味よい作品へと繋がっていく様は良く出来ていたと思います。

エンドロールで前作の監督であったトニー・スコット氏に哀悼の意を示すメッセージ。
何でも10年前に亡くなっているそうですが、自分が手掛けた作品の続編を観てみたかったのではないでしょうか?
そして、間もなく還暦を迎えるトム・クルーズ。
とても還暦間近とは思えないような若々しい姿とアクションの数々に目を奪われてしまいます。

この記事へのコメント