映画「ハケンアニメ!」

映画「ハケンアニメ!」を鑑賞しました。

この映画は、直木賞作家・辻村深月がアニメ制作の舞台裏を描いた小説を映画化。
期待の新人監督と崖っぷち状態の天才監督が、アニメ界の頂点を目指して火花を散らす作品。

ストーリーは、最も成功した作品の称号を得るため熱い闘いが繰り広げられている日本のアニメ業界。
公務員からこの業界に転身した斎藤瞳(吉岡里帆)は、初監督作で憧れの監督・王子千晴(中村倫也)と火花を散らすことになる。
一方、かつて天才として名声を得るもその後ヒット作を出せず、後がない千晴はプロデューサーの有科香屋子(尾野真千子)と組み、8年ぶりの監督復帰に燃えていた。
瞳はクセが強いプロデューサーの行城理(柄本佑)や仲間たちと共に、アニメの頂点「ハケン(覇権)アニメ」を目指して奮闘する。

アニメ業界を活写したお仕事ドラマ。
最初、「ハケンアニメ!」のハケンって「派遣」の事かと思っていましたが「覇権」の事だったんですね。

公務員からアニメ制作の業界に飛び込んできた斎藤瞳。
彼女の目標は、憧れの存在である王子千晴とのアニメ対決に勝つ事。
トークショーでも、堂々と「ハケンを取る」ことを宣言します。

それから、斎藤瞳と王子千晴のアニメ対決が始まります。
そのアニメ対決にも、アニメ作品がTVで放送されるまでに、紆余曲折を経て制作されていきます。

斎藤のスタッフは扱いにくい面々ばかりで、プロデューサーの行城(柄本佑)はアニメ以外の仕事も持ってきます。
自分の作品がカップ麺の商品にされた時の斎藤の表情が何とも言えなかったですね。
自分の知らないところで動かれていたわけですから。
そういえば、実際にもアニメとコラボしたカップ麺が、これまでに発売されていますね。

一方の王子側といえば、監督である王子自体が扱いにくい人物。
彼の気まぐれに会社側も手を焼きます。
それでも満足のいく作品を視聴者に見てもらう為に、斎藤側も王子側も懸命に努力と苦労を重ねていきます。

そして、迎えた最終回。
どちらの視聴率が良かったのかは、ここでは言わないでおきます(苦笑)

この映画を観て、アニメの制作過程の知らない一面を知る事が出来ましたし、作り手の熱い思いが伝わってきました。
実写にアニメを盛り込んだ映像も良かったです。

そして、エンドロールでは視聴率以外の事で斎藤瞳が制作したアニメ作品が評価されるシーンがあります。
視聴率は一瞬ですが、DVDの売れ行きや動画サイトの再生数などは後にも続きます。
こういう所も余すところなく伝えていたのが、この映画の素晴らしいところだったと、自分は思います。

この記事へのコメント