映画「大河への道」

映画「大河への道」を鑑賞しました。

この映画は、 立川志の輔の落語「大河への道」を映画化。
現代と200年前の江戸時代を舞台に、日本で最初の実測地図を作った伊能忠敬を主役にした大河ドラマ制作プロジェクトの行方と、日本地図完成に隠された秘密を描く作品。

ストーリーは、千葉県香取市役所では町おこしのため、日本初の実測地図を作った郷土の偉人・伊能忠敬を主役にした大河ドラマの制作プロジェクトを発足させる。
ところが脚本作りの途中、忠敬は地図完成前に亡くなっていたという新事実が発覚し、プロジェクトチームはパニックに陥ってしまう。
一方、江戸時代の1818年。忠敬は日本地図の完成を見ることなく世を去り、弟子たちは悲しみに暮れる中、師匠の志を継いで地図を完成させるため、壮大な作戦を開始する。

日本初の実測地図を作った伊納忠敬。
どのような人物だったのかは、よく分かりません。
そんな伊能忠敬を大河ドラマの主人公にする計画が持ちあがってどうなることかと思いながら観ていました。

史実では伊納忠敬は1818年に地図の完成を見る事なく亡くなっています。
伊納忠敬の弟子が、悲しみに暮れる中でも、忠敬の遺志を継いで地図の完成に向けて動き出します。
ただし、その前に忠敬の死を隠しておく必要がありました。
その計画に多くの人が関わっていた事は見逃せませんね。

そして、地図がついに完成します。
将軍の前に完成した地図をお披露目するのですが、まさに日本列島で壮観でした。

この映画の特徴は出演者が現代と江戸時代で1人2役を演じている事。
コメディと人情劇が味わえる作品でもあります。
中井貴一、松山ケンイチと大河ドラマで主演経験のある2人の掛け合いも面白かったです。
まさに「大河への道」のタイトルにふさわしい内容の作品となりました。

この記事へのコメント