夏場所 照ノ富士が7回目の優勝

大相撲夏場所千秋楽。
横綱・照ノ富士が結びの相撲で御嶽海を下して3場所ぶり7回目の優勝を決めました。

14日目を終えて照ノ富士と隆の勝が3敗でトップ。
4敗で大栄翔と佐田の海が追う展開。

まず、隆の勝が佐田の海との直接対決。
この一番で隆の勝が佐田の海に敗れて4敗に後退。
大栄翔は志摩の海に勝って4敗をキープ。
優勝の行方は、結びの一番の照ノ富士の結果次第。

照ノ富士は大関・御嶽海相手に万全の相撲で寄り切りで下し、3場所7回目の優勝が決定。
2022年になってからは初めての優勝となりました。

先場所は途中休場。
今場所も初日に黒星スタート。
8日目終了時点で3敗と苦しんでいましたが、9日目以降は全勝。
12勝3敗ながら優勝を決めた事で、横綱の責任は果たしました。

対照的に不甲斐ない大関陣。
既に御嶽海と正代の負け越しが決まっていて、貴景勝は14日目終了時点で7勝7敗。
その貴景勝は千秋楽で何とか勝ち越しを決めましたが、内容は今一つ。
どうせなら、大関陣全員負け越してもらって、大関の陥落基準を見直してほしかったです。

横綱・照ノ富士、7回目の優勝おめでとうございます。
強い横綱がいると、大相撲も盛り上がるので、来場所も横綱相撲を見せてほしいです。

この記事へのコメント