映画「ウェディング・ハイ」

映画「ウェディング・ハイ」を鑑賞しました。

この映画は、笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本を大九明子監督が映画化。
くせ者ぞろいの参列者たちによって混乱する結婚式を舞台に、敏腕ウエディングプランナーが数々のトラブルを解決すべく奔走する作品。

ストーリーは、石川彰人(中村倫也)と新田遥(関水渚)のカップルは、担当ウエディングプランナーの中越真帆(篠原涼子)に支えられ、結婚式当日を迎える。
2人の上司によるスピーチをはじめ、余興VTRや乾杯の発声など、結婚式お決まりの演目に張り切る参列者たちの熱意が暴走し、式は思わぬ様相を呈し始める。
新郎新婦から助けを求められた真帆は、披露宴スタッフと力を合わせて式を円滑に進行すべく奔走するが、式場に遥の元恋人・八代裕也(岩田剛典)が現れてしまう。

結婚式をコメディタッチに描いた作品。
劇場での予告編を見て面白そうだなと思い、劇場鑑賞してみる事にしました。

全体的な感想でいえば、まさに「結婚式あるある」。
ウエディングプランナーの中越のサポートで結婚式を迎える新郎新婦が、スピーチや余興に熱心な参列者たちに振り回されていきます。
自分も親戚や友人の結婚披露宴に参加した事がありますが、「そういえば、こんな感じだったかな。」などと思い出しながらスクリーンを見ていました。

登場人物1人1人にスポットを当てていたのも、この映画の特徴。
結婚式の主役となると新郎新婦になりますが、その結婚式を支えるウエディングプランナーや出席者たち。
そして、過去に付き合いのあった人など、どれも個性的で、それぞれの役割を見せてくれたと思います。

篠原涼子演じる中越は出番が少ないながらも、最後の方でスポットが当てられます。
何でウエディングプランナーになろうとしたのか。
単純な理由ではありますが、転職にも様々な動機がある事は、自分も転職を経験しているので分かります。
もっとも、自分の結婚式を取り仕切ってくれた憧れのウエディングプランナーが、今では大嫌いな上司だそうですが(汗)

いろいろドタバタがありながらも、中越たちの手によって結婚披露宴は予定通りに終わりますが、それだけでは終わらず。
残った時間内で伏線回収もするあたりも、良く出来た脚本かなと思いました。
ただ下ネタに走ってしまったのは、ちょっといただけなかったかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック