菅野投手負傷交代 スワローズが完勝

プロ野球も開幕して2週間が経過。
今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsスワローズ戦を観戦しました。

先週の神宮球場での同カードはジャイアンツの3連勝。
昨年の日本一チーム・スワローズとしても敵地で借りを返したいところ。
先発はジャイアンツ・菅野、スワローズ・原樹理の両投手。
gvss4gatu.JPG
試合は2回にスワローズが長岡選手のタイムリーで先取点。
4回にもオスナ選手にタイムリーが出て追加点。
5回にもスワローズが先頭打者がヒットで出塁し、続く青木選手のピッチャー返しの当たりが菅野投手の右足を直撃。
菅野投手は右足を痛めるアクシデントで5回途中で負傷交代。
急遽登板した平内投手が抑えきれずにスワローズ打線3点を追加して5-0と一方的な差を広げる。

6回までスワローズの先発・原投手の前に無得点だったジャイアンツが7回に先頭の岡本選手がレストスタンドへ特大ホームランで、ようやく1点。
その後も走者を溜めたところでスワローズベンチは継投に入る。
2番手としてマウンドに上がった石山投手から大城選手がタイムリーを打って2点目。
更に追加点のチャンスだったが、3番手としてマウンドに上がった田口投手が後続を抑えて、ジャイアンツの反撃は2点止まり。

9回にダメ押しとなる2点を追加したスワローズが7-2でジャイアンツに完勝。
勝率を5割に戻しました。
一方のジャイアンツは、今季初の連敗です。
s7-2g2022.JPG
球場に到着したのは6時30分頃。
その時にはスワローズが先取点を挙げていました。

ジャイアンツの先発・菅野投手は2回以降は苦しい投球。
過去2試合も勝利投手にこそなっているものの、本来の出来には程遠い内容。
特に左打者に打たれているのが気になります。

5回には青木選手のピッチャー返しの打球に対して、咄嗟に右足を出して打球が直撃。
1人でベンチまで歩けない程。
右足を出さなければショートゴロだったかもしれないだけに、何だかついていなかったですね。

前カードの広島3連戦では3試合でわずか5得点だった打線も沈黙。
そんな寒い試合でしたが、岡本選手の特大ホームランを観られて事で、多少は気分が晴れました。
その岡本選手の間を打つ3番、5番が打率2割前後と振るわないので、得点力不足も仕方ないところ。
当分は、今の打順で臨むだろうから不振脱却を図ってほしいです。
okamoto4hr.JPG
最後に球場グルメを。
今回は、今季から新たに販売された大城選手プロデュースの弁当を購入。
oosirobento2022.JPG
大城選手の出身地・沖縄県の名物料理をふんだんに使用した弁当。
商品名にもなっている「くわっちー」とは沖縄弁で「いただきます」の意味だとの事。

ゴーヤーチャンプルー、サータアンダギー、紅芋のコロッケなど沖縄ならではの食材が食べられます。
9つのスペースに分けてあるので、1つ1つが食べやすかったです。
ただ、焼きそばの味付けがちょっと自分には合わなかったです(汗)

この記事へのコメント