またしてもホームで退場者を出し痛恨のドロー

Jリーグ第7節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて清水エスパルスとの対戦。

4月唯一のホームゲーム。
平日開催の中で対戦するのは清水エスパルス。
現在は下位に低迷しているが、昨年のホームゲームで敗れている相手なので、昨年の借りも含めて勝ち点3を獲得したい戦い。


スタメンには松尾選手を移籍後初スタメン。
故障離脱した犬飼選手の代わりに、岩波選手が3試合ぶりにスタメン復帰。

試合はレッズが相手の背後を突くユンカー選手を狙う攻撃。
この攻撃が嵌ってユンカー選手がPA内でファールを受けてPKを獲得。
このPKを江坂選手が決めてレッズが先取点。
前半はレッズ1点リードで折り返し。

後半開始間もなくしてレッズは、既に1枚イエローカードを貰っていた伊藤選手が2枚目のイエローカードを受け退場。
この退場劇から状況が一変。
後半24分にCKから同点に追いつかれてしまい、その後の数的不利から防戦一方。

試合は、このまま両チームとも勝ち越し点が入らないままドロー。
両チーム勝ち点1を分け合う結果になりました。

今月唯一のホームゲームが平日開催。
カクテル光線に照らされた埼スタの夜桜も観たかったのですが、都合が合わずに断念。
来月もホームゲームは平日開催が多いので、なかなか埼スタに行けない日が続くかもしれません。

前節同様に前半にPKで先制しながら、後半に追いつかれてドロー。
それも後半の早い時間帯にレッズから退場者が出てしまった事が大誤算でしたね。
退場した伊藤選手。
既に1枚イエローカードを受けている選手のするプレーではなかったですね。
せっかく、いい感じで進めていた試合をぶち壊した事を猛省してほしいと思います。

しかし、ホームゲーム5試合で退場者を出したのは3試合。
それも、数的不利に追い込まれた中で失点をしています。
今年は退場の基準が厳しいので、こういった対策も確りやってほしいです。

それにしても9試合で獲得した勝ち点は試合数と同じ9。
これは残留争いに巻き込まれてしまいかねない数字です。
今日の結果で2試合少ない鹿島が首位に立ち、レッズとの勝ち点差は9。
試合数が並ぶ頃には、10以上は開くでしょうね。
もう、上を見るより下を見た方が良さそうです。

次節は、アウェー・味の素スタジアムにてFC東京との対戦。
ACL前最後の試合。
新監督を迎えて好調のFC東京。
試合数も少ないのに上位にいるのだから侮れない相手です。

この試合は不参戦ですが、TV越しからレッズの勝利を祈っています。
京王線の桜は、来週の日曜日まで咲き残っているでしょうか?

この記事へのコメント

2022年04月07日 00:01
いつもお世話になっております。

11人で圧倒していただけに伊藤敦樹が相手ゴール前で1枚貰っていながら不用意なプレーをした時点で状況がわかっていなかったと言わざる得ません。

9試合でホーム3試合10人で戦う事になるシーズンは過去を振り返っても記憶にないほどです。11人で戦う事の重要性を選手たちはもっと自覚してほしいところです。

次はアルベルとの対戦ですが東京は新潟のように完成していないので浦和がポゼッションで上回れると思いますが似たサッカーなので面白いゲームになると思います。
FREE TIME
2022年04月07日 22:42
 >PGM21さん
お世話になっております。
伊藤選手の退場から流れがガラッと変わってしまいました。
本当に1枚イエローカードを貰っている選手のプレーではなかったです。
次節はFC東京との対戦。
昨年まで新潟さんを指揮していた監督が、どのような采配を振るうのか警戒しながら観たいと思います。
2022年04月08日 09:40
おはようございます。
どうも勝てる筈の内容になると数的不利にして自爆する試合が続いていますね。この試合数で早くもホームだけで3試合もの退場者を出すのは、ちょっと異常だと思います。選手がジャッジ基準の変化に気付いているのかも疑問ですが、今一度そこをチームとしてマネジメントし直してほしいです。
成績的にも、もう悠長な事は言っていられなくなりましたね。ACL前の最後の試合、絶対に勝ち点3を得ないといけないと思います。日曜日は必勝ですね。
FREE TIME
2022年04月08日 13:26
 >うえさん
こんにちは。
水曜日は参戦お疲れ様でした。
本当に危険なファールが多いので、リスク管理はちゃんとしてほしいと思います。
9試合終えて試合数と同じ勝ち点はまずいですね。
ACL前に好調のチームと対戦しますが、何とか勝ち点3を獲得してACLに臨んでほしいです。