ACL 決勝トーナメント進出

4月中旬からタイで開催されているACLグループリーグ。
浦和レッズはグループFを4勝1敗1分けの結果で、決勝トーナメント進出を決めました。

最終戦の相手は、中国の山東泰山。
山東泰山とは2節で対戦した時は5-0で勝利。
前節終了時点で決勝トーナメント進出が確定しているレッズにとって消化試合という事もあってか、これまで出番の少なかった選手がスタメンあるいはベンチ入りしました。

試合は前回対戦同様に5-0で勝利。
前半には、13分に安居選手のゴールで幸先良く1点を先取。
その後も2点を追加して前半終了時点で3-0と3点リードで折り返し。

後半にも松尾選手と知念選手が、この試合2点目となるゴールをそれぞれ決めて5得点。
守っても山東泰山相手に無失点。
文句ない内容での大勝でした。

心残りがあるとするなら韓国代表の大邱相手に1敗1分けで終わった事でしょうか。
あの国に負けると不快な気持ちの方が強いので、出来るなら1つでも勝っておきたかったです。

まずはグループリーグを突破しました。
Jリーグ勢ではヴィッセル神戸が既に決勝トーナメント進出。
川崎フロンターレがグループリーグ敗退が確定。
横浜Fマリノスは、最終戦の結果待ちの状態です。

さて、来週からJリーグに戻ります。
ACLでは最高の結果でしたが、日本に帰ったら厳しい現実が待っています。
ACL組が留守にしている間に、試合数が全チーム同じに。

全チーム10試合消化した時点でレッズは勝ち点10で13位。
16位・清水エスパルスとは勝ち点差1なので、降格圏が近づいています。
やはり試合数と同じ勝ち点はまずいですね。

レッズのACL明け最初の試合は、アウェー・三協フロンテア柏スタジアムにて柏レイソルとの対戦。
ユンカー、酒井といった主力が欠場濃厚な中、どのようなメンバーで臨むのか。
今月は上位チームとの対戦が続きますが、出来るだけ勝ち点3を獲得して試合数を大きく上回る勝ち点を確保したいところです。

この記事へのコメント

2022年05月01日 09:23
何時もお世話になっております。

無事グループリーグ突破を決めただけにミッションは果たしたと言えますが、その分ユンカー、大畑が骨折等で長期離脱を余儀なくされた事は痛い。

収穫はこの厳しい戦いを若手が経験できた事とシャルクがFKで大きな戦力になるという事ですね。

リーグ戦では若手が成長した姿を見せてくれることを期待して来週の再開まで確り調整してほしいと思います。
FREE TIME
2022年05月01日 10:01
 >PGM21さん
おはようございます。
決勝トーナメント進出の目標は果たせましたが、故障者も続出してしまい、日本に戻ってきたら厳しい現実が襲い掛かりそうですね。
今月は強豪チームとの対戦が続きますが、残留争いに巻き込まれることのないように、勝ち点3を積み重ねていかなければなりません。
2022年05月01日 12:51
こんにちはです。
とりあえずグループステージ突破という最低限の目標が果たせた久々のACL第一段階でしたが、大邱との計2試合の内容は、やはり課題というか深刻な部分ですね。ユンカーや大畑など、怪我人も代償に出てしまいました。
そんな中で帰国後すぐ国内リーグ戦の再開。ACL前の低迷で覚悟はしていましたが、不味い順位から再開するので、ここは気を引き締め直して巻き返しを計ってもらいたいです。
FREE TIME
2022年05月01日 17:41
 >うえさん
こんにちは。
まずはグループステージ突破という最低限の目標は果たせました。
しかし、故障者も多く出てしまいましたね。
来週からリーグ戦に復帰しますが、上位にいる柏相手とはいえ何とか勝ち点3を獲得してほしいです。