東大前で受験生ら3人刺される

今日、各地で大学入学共通テストがありましたが、そんな中で東京大学の前で痛ましい事件がありました。

15日午前8時半頃、東京都文京区弥生の東京大学農学部正門付近の路上で、大学入学共通テストを受験するため同大を訪れた18歳の高校生の男女2人と同大関係者とみられる男性(72)が突然、男に次々と刃物で背中を切りつけられた。警視庁によると、高校生2人は軽傷とみられるが、男性は重傷。警視庁は近くにいた名古屋市の高校生の少年(17)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、状況を調べている。
警視庁幹部によると、少年は持っていた刃物で3人の背中を切りつけるなどし、殺害しようとした疑い。捜査関係者によると、前を歩いていた高校生2人に突然、後ろから切りつけたという。(読売新聞)

このニュースを聞いたのは朝のニュース。
本格的な受験シーズン到来という中で、試験会場に向かった受験生が刺されるという事件。
逮捕されたのが17歳の少年であった事も信じられない気持ちでした。

今年に入ってオミクロン株による感染が各都道府県で急拡大。
受験生もコロナウィルスに感染しないように気をつけているかと思いますが、コロナや風邪以外にも敵がいるとは考えもしていなかった筈。
本当に刺された受験生2人と関係者と見られる70代が気の毒です。

逮捕された少年は名古屋市に在住する高校2年生で、取り調べによると東大の最寄駅である地下鉄にも火をつけた犯行を供述。
また、東大進学を目指しているが、ここ最近が成績も落ち気味だったとかで死のうと思っていたとも供述したそうです。
何で死のうとしていて他人を刺す必要があったのか。
そんな事をしても何にもならないの、東大を目指す学力なら分かる筈なんですけどね。

被害に遭った受験生には、別日で試験を受けさせる事になると思いますが、なかなかショックから立ち直れないでしょう。
試験を受けられたとしても平常心で臨めるか不安です。
周囲の人の心のケアも大切ですね。

この記事へのコメント