映画「そして、バトンは渡された」

映画「そして、バトンは渡された」を鑑賞しました。

この映画は、第16回本屋大賞で大賞を受賞した、瀬尾まいこの小説を原作にしたドラマ。
血のつながらない親のもとで育った女性と、まな娘を残して失踪した女性の運命が意外な形で交錯していく作品。

ストーリーは、血のつながらない親たちをたらい回しにさせられ、名字を4回も変えた森宮優子(永野芽郁)。
いまは義父・森宮さん(田中圭)と二人暮らしをする彼女は、不安ばかりな将来のこと、うまくいかない恋や友人たちとの関係に悩みながら、卒業式で弾く「旅立ちの日に」のピアノの特訓に打ち込んでいた。
やがて彼女の人生と運命は、かつて深い愛情を注いでいた娘みぃたんを残して姿を消した女性・梨花(石原さとみ)と不思議な形でつながる。

親が離婚を繰り返して複雑な家庭環境で育った優子。
名字が4回も変わったというだけでも、かなり複雑ではありますね。
優子の現在とみぃたんの過去が行き来して、いかにして名字が4回も変わったのかを分かりやすく描いていました。

みぃたんの父親である水戸さん(大森南朋)の身勝手な行動から離婚する事になり、みぃたんは血の繋がった水戸さんではなく再婚相手の義母にあたる梨花(石原さとみ)を一緒になる事を選ぶ。
ここからがみぃたんの波乱万丈な人生が続く。
歳の離れた泉ヶ原さん(市村正親)と再婚し不自由なく暮らしていたが、突然梨花は泉ヶ原さんと離婚する。
そして、今度は梨花の元同級生にあたる森宮さんと再婚し、みぃたんは優子へと成長する。

詳細を書くのはここまでにしますが、当初は梨花の身勝手とも言える行動の連続にイライラしていました。
最初の離婚は相手に非があるのでいいとして、その後も再婚を繰り返して何を考えているのだろうと。
そして、突然、優子の前から姿を消していく。

優子が高校を卒業して成長した後で、梨花の秘密が明らかになっていきます。
姿を消した後も優子を影から見守っていたことを知り、ジーンと来ました。
特に優子の高校の卒業式にひっそりと出席していたシーン。
血のつながりはなくても、梨花は優子の母親であることを感じる場面でした。

この映画のタイトルにもなっている「そして、バトンは渡された」。
そのタイトルの意味が何なのか、最後に森宮さんのセリフで明らかになります。
「そうか、そういう意味だったのかと。」

結婚した事で5回目の名字となった優子。
今度は、名字が変わる事がないようにと思わせるラストでした。

この記事へのコメント