九州場所 照ノ富士が全勝優勝

大相撲九州場所千秋楽。
既に優勝を決めている横綱・照ノ富士が全勝優勝で締めくくりました。

2場所連続6度目の優勝を決めている照ノ富士。
千秋楽は結びの一番で大関・貴景勝と対戦。
一時は土俵際まで追い詰められたものの持ちこたえ、最後は押し出しで勝利。
自身初の全勝優勝を飾りました。

11月29日で30歳の誕生日を迎える照ノ富士。
つまり、千秋楽が20代最後の1日。
20代最後の場所を全勝優勝。
最高の状態で30代を迎えますね。

これで2021年の大相撲も終了。
秋場所前に白鵬が引退という時代の終わりもありましたが、新横綱として照ノ富士が誕生。
年6場所中4場所で優勝するなど、まさに今年は照ノ富士の1年となりました。

照ノ富士は一人横綱。
彼と並ぶ横綱が出て来るのが望ましいですね。
横綱は2人以上いた方が場所も盛り上がるので。

最後に照ノ富士関、全勝優勝おめでとうございます。
強い横綱はいると、大関以下の目標にもなります。

この記事へのコメント