映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 」

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 」を鑑賞しました。

この映画は、「アベンジャーズ」シリーズなどを手掛けるマーベル・スタジオによるヒーローアクション。
悪の組織を率いる父親の恐ろしい計画に巻き込まれていく主人公の姿を描く作品。

ストーリーは、犯罪組織を率いる父親(トニー・レオン)に幼いころから鍛え上げられ、最強の力を持ったシャン・チー(シム・リウ)は、組織の後継者とみなされていた。
だが、彼は自らの力を封印し、過去の自分と決別してサンフランシスコでホテルマンとして平凡に暮らそうとする。
だが、伝説の腕輪「テン・リングス」を操る父親が世界を恐怖に陥れようとしたため、シャン・チーはついに封印していた力を解き放つ。

マーベル・スタジオによる新ヒーローはアジア系。
アメリカで平凡な日々を送るシャン・チーは、実は武術の達人。
そのシャン・チーが父親との戦いを中華風にして、派手に描いていました。

以下追記予定

この記事へのコメント