映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 」

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 」を鑑賞しました。

この映画は、「アベンジャーズ」シリーズなどを手掛けるマーベル・スタジオによるヒーローアクション。
悪の組織を率いる父親の恐ろしい計画に巻き込まれていく主人公の姿を描く作品。

ストーリーは、犯罪組織を率いる父親(トニー・レオン)に幼いころから鍛え上げられ、最強の力を持ったシャン・チー(シム・リウ)は、組織の後継者とみなされていた。
だが、彼は自らの力を封印し、過去の自分と決別してサンフランシスコでホテルマンとして平凡に暮らそうとする。
だが、伝説の腕輪「テン・リングス」を操る父親が世界を恐怖に陥れようとしたため、シャン・チーはついに封印していた力を解き放つ。

マーベル・スタジオによる新ヒーローはアジア系。
アメリカで平凡な日々を送るシャン・チーは、実は武術の達人。
そのシャン・チーが父親との戦いを中華風にして、派手に描いていました。
特にテン・リングスを使った壮絶なアクションシーンが一番インパクトがありました。

個人的な感想としては、カンフーアクションやファンタジー要素などの中国っぽさを取り入れたマーベル映画って感じ。
最初の舞台はアメリカでしたが、その後の舞台をマカオに移してからアジア系の要素が強くなっていきましたね。
中国らしい風景も建物も垣間見て、それでいて格闘シーンや武器に弓矢を使うあたりもアジア系って感じでした。

主人公のシャン・チーを演じたシム・リウ。
失礼ながら、外見はヒーローっぽくないのですが、格闘シーンや父親と対話するシーンを見ていると、この作品のヒーローである事を認識します。
それ以上に存在感を出していたのがシャン・チーの父親役を演じたトニー・レオンでしたね。

次に出てくる時は、他のヒーローとの絡みも含めてテン・リングスの力の使い方も広がってくるのでしょうね、
今後の展開も見てみたいです。

この記事へのコメント

2021年09月25日 00:38
確かに主人公はヒーローっぽくない顔立ちですよね。
でもそのおかげで大活躍する妹の存在感が増してますよね。
この兄妹の今後の活躍も楽しみですね。
FREE TIME
2021年09月25日 13:14
 >にゃむばななさん
顔立ちは素朴ですが、戦う姿はヒーローそのものでした。
妹も存在感ありましたね。
この兄妹の今後も見てみたいです。