終盤に追い上げるも届かず6連敗

ペナントレースも終盤戦。
優勝争いも佳境を迎えていますが、今日は東京ドームにてジャイアンツvsドラゴンズ戦を観戦しました。

一時は首位に立ったが、現在5連敗中で3位に転落したジャイアンツ。
首位・タイガースとのゲーム差が3に広がり、これ以上は負けられない戦いが続く中、本拠地で連敗を止められるか。
先発はジャイアンツ・メルセデス、ドラゴンズ・柳の両投手。
todo911.JPG
試合前の始球式では東京五輪で金メダルを獲得した卓球の伊藤美馬選手が登場。
実際に目近で見ると、小柄ですね。
その小柄な体で世界と渡り合えるのだから大したものです。
mimasmile.JPG
mimasikyushiki.JPG
試合は、初回にドラゴンズが福田選手の2点タイムリーで先取点。
ジャイアンツは、これで4試合連続初回に失点。
2回にも二死から柳投手の安打をきっかけに連打でチャンスを作り、渡辺選手が3ランホームランで、2回で早くも5点リード。

ジャイアンツ打線はドラゴンズの先発・柳投手の前に5回まで無得点だったが、6回に松原選手の2ランで反撃。
7回にも二死から2連続タイムリーで2点を返して1点差。
ジャイアンツ投手陣も、3回以降はドラゴンズ打線を無得点に抑えて、試合は5-4とドラゴンズ1点リードで最終回へ。
matsu9.JPG
9回にジャイアンツは先頭の坂本選手の二塁打をきっかけに二死一、二塁と逆転サヨナラの走者を出すが、今日3安打と当たっている松原選手が三振に倒れて試合終了。
試合はドラゴンズが5-4で勝利して、昨日に続いて連勝。

ジャイアンツは、これで引き分けを挟んで6連敗。
首位・タイガースが勝ったのでゲーム差も4に広がりました。

前回の甲子園では中4日で好投し、今日は中5日で登板したメルセデス投手。
しかし、1~2回で5点を失い、3回裏の攻撃で代打を送られ先発投手の役割を果たせませんでした。

打つ方では1点差として、尚も8回と9回に先頭打者が出塁するなど粘りましたが、あと1本が出ず。
これで優勝争いからは一時脱落と言ってもいいでしょう。
d54g911.JPG
まず先発投手が、長いイニングを投げられていない事が問題。
中4日、中5日の影響もあるかもしれませんが、それなりに球数管理している筈なのに、早い回で失点し6回以上投げられない。
プロセスに問題があるのかもしれません。

それでも、残り試合が30試合近く残っています。
まだタイガースとスワローズの直接対決も残っているので、ここからチームを立て直して、再び差を詰められる事を願っています。

この記事へのコメント