菅首相が辞意を表明

今日、菅首相が辞意を表明。
自民党総裁選に出馬しない意向を固めました。

菅首相(自民党総裁)は3日午前の党臨時役員会で、党総裁選(17日告示・29日投開票)に出馬しない意向を表明した。昨年9月16日に発足した菅内閣は1年余りで幕を閉じる。これまで出馬する考えを示してきたが、新型コロナウイルス対応への批判に加え、人事を唐突に打ち出したことなどに党内の反発が強まり、再選は困難と判断した。総裁選は首相抜きの新たな構図で展開される。
首相は3日午後、首相官邸で「総裁選が始まると、コロナ対策と選挙活動を考えた時、 莫大ばくだい なエネルギーが必要だが、両立はできない。どちらかを選択すべきだ。感染拡大を防止するために(首相の職務に)専念したい」と記者団に語った。来週、記者会見を開き、総裁選に出馬しない理由を説明する。6日に予定していた人事は行わない。(読売新聞)

昨年の9月に第99代総理大臣に就任してから、およそ1年。
この間に度重なる緊急事態宣言、コロナ対応などに追われ、支持率も低下。
つい最近まで、今後の抱負のようなものを語っていただけに、突然の辞意表明に驚くばかりです。

辞意するに至った背景には自民党内での求心力低下もあると思います。
菅首相の1年間は、迷走していたのは確か。
優柔不断な態度を見ていても首相の器ではなかったと思います。

安倍前首相が長期政権だっただけに、後任の首相は比較されて大変な事になるだろうとは思っていましたが、ここまで頼りない人だったとは。
記者会見などを聞いていても、「この首相で大丈夫か?」と思っていました。

自民党の総裁選は、今月末に投票が行われます。
それまでは菅首相がコロナ対策等の任務にあたります。
第5波は首都圏などで新規感染者数は減ってはいるものの、再拡大を防げるかどうか予断を許さない状況は続きます。

そして、10月には衆院選。
ここで政局がどう動いていくのか。
日本の今後にも関わってくると言っても過言ではないので注視していきたいと思います。

この記事へのコメント