THIS IS KOMABA

Jリーグ第24節。
浦和レッズは、ホーム・駒場スタジアムにてサガン鳥栖との対戦。

リーグ戦再開後初戦は札幌相手に敗れたレッズ。
今日の対戦相手は、3位と好位置につけるサガン鳥栖。
アウェーでは完敗した相手だけに、ホームで借りを返したい相手。

リーグ戦では久しぶりとなる駒場でのホームゲーム。
しかし今日は、朝から長雨。
埼玉も昨日から降り続いていて、この先も降り続く予報。
涼しくなる反面、やはりベストコンディションで試合させたいですね。

スタメンは酒井選手と平野選手が移籍後初スタメン。
新外国人のショルツ選手がベンチスタート。
FWは江坂、明本選手の1トップ。

試合は立ち上がりから鳥栖ペース。
レッズは劣勢に立たされていたが、次第にペースをつかみだし、36分にレッズがクリアボールをペナルティエリア手前の右で江坂選手が胸でフリック。
このボールに反応した明本選手が右足を振り抜くシュートをゴールネットを突き刺して先取点。

しかし、前半ATに同点ゴールを決められてしまう。
前半は1-1のタイでハーフタイムへ。

後半に入ると雨も激しくなり、互いに思うようなプレーが出来ない中、鳥栖が再三速攻からチャンスをつかむがシュートの精度を欠き、なかなかゴールを奪えず。
レッズも選手交代を機に攻勢に出た中で、明本選手がPA内でファールを受けてPKを獲得。
このPKを江坂選手が決めてレッズが勝ち越し。
これで江坂選手は移籍後初得点。

結局、これが決勝点となって浦和レッズが2-1でサガン鳥栖に勝利。
4試合ぶりの勝利を決めて、2009年以来となる駒場でのリーグ戦を勝利で飾りました。

今日はNHK BS1でTV観戦。
本来なら広島での試合が中継される予定でしたが、昨日の試合で中止が決まったので、急遽レッズ戦に変更になったとの事。
サガン鳥栖のホーム・佐賀県も大変な状況ですが、この長雨も早く通り過ぎてほしいです。

ユンカー、小泉ベンチ外と飛車角落ちの中で迎えた3位・サガン鳥栖との対戦。
シュート数を見ても分かるように攻められる時間帯が多かったですが、それでも勝てたのは良かったです。
アウェーの連戦が続いていた中で、4試合ぶりとなるホームゲームで4試合ぶりの勝利。
まだまだ上を狙える位置だけに、ここから勝ち点を上積み出来たらと思います。

移籍選手も続々と試合に出てきていますね。
酒井選手が移籍後初スタメン。
右SBでの出場ですが、やはり海外で揉まれただけあって体の強さを感じました。
平野選手もいいパスを出していたし、これからを期待したいです。

次節は、アウェー・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムにて徳島ヴォルティスとの対戦。
リカルド監督にとって凱旋試合。
相手は下位に低迷しているとはいえ、アウェーでの試合となるので厳しい試合になりそうです。

その前に水曜日に天皇杯が控えています。
相手はJ2ながら昇格圏内にいる京都サンガF.C. 。
ユンカー、小泉両選手の状態が気になりますが、いる選手の中で戦っていくしかありません。
まずは天皇杯ベスト8進出ですね。

この記事へのコメント

2021年08月15日 12:26
こんにちはです。
小泉とユンカーを欠いて不安でしたが、代わりに新戦力を早速ズラリと使ったリカルドの思い切り采配も奏功しましたね。
全体的には必ずしも良いとは言えないギリギリの内容でしたが、3位相手にホームで新戦力が好アピールしての内容だけに、価値ある勝利になったと思います。
天皇杯を挟みますが、ここから新戦力と元々の主力を絡めて、積極的に上を目指して行ってもらいたいですね。
FREE TIME
2021年08月15日 17:38
 >うえさん
こんにちは。
小泉、ユンカーがベンチ外と不安な中でのスタートでしたが、新戦力が働いての勝利と結果を出せて良かったです。
この後の天皇杯とリーグ戦と連戦が続きますが、監督が上手く選手を使いこなして乗り切ってほしいです。