2試合連続2ケタ失点の投壊劇

プロ野球も、今日で前半戦を終了。
今夜は、仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsスワローズの東京シリーズを観戦しました。

昨日はスワローズが7本塁打14得点の猛攻で大勝。
首位・タイガースを追う両チームにとって、最後は勝って締めたいところ。
先発はジャイアンツ・山口、スワローズ・田口の両投手。

試合は初回にスワローズが4点を先制。
対するジャイアンツも、その裏に2点を返して、3回には岡本選手の2ランで同点に追いつく。
両先発投手は、ともにゲームを作れずに序盤から継投へ。
okacyanhr.JPG
4回にスワローズが二死から四球と安打で一、三塁のチャンスを作って、5番・オスナ選手のタイムリーで再びリード。
ジャイアンツは5回に一死満塁と逆転のチャンスだったが、中島選手が併殺に倒れて絶好の好機を逸してしまう。
そして、6回にスワローズがオスナ選手の3ランで4点差に広げて、7回にはジャイアンツ投手陣が4連続四球などの乱調で3点を追加して、昨日の続いての2ケタ得点を記録。

ジャイアンツは9回に3点を返して意地を見せるが、ここまで。
試合はスワローズが11-7でジャイアンツに勝利。
東京ドームでの東京シリーズ2連戦2連勝で終え、首位・タイガースと2.5ゲーム、2位・ジャイアンツと2ゲーム差に迫りました。
g11-7s.JPG
ジャイアンツの先発は日本球界復帰後は安定した投球を続けている山口投手。
昨日とは違って簡単には失点しないだろうと思っていましたが、初回にまさかの4失点。
小林選手のパスボールもあったとかで、バッテリーの息も合っていなかったようですね。
長いシーズンで、こういう出来の悪い日もあります。

しかし、その後の投手も出て来る投手が打たれる、四球を出すで計11失点。
特に酷かったのが14四死球を与えてしまった事。
そんなに四死球を出してしまっては、失点が増えるのは当たり前でしょう。

最後に球場グルメを。
緊急事態宣言発令にともない選手弁当などの値段が高い弁当類が販売停止に。
そこで、今回は高梨投手プロデュースのTGカレーを食べる事にしました。
宮崎キャンプで原監督の美味しそうに食べていたのが印象的。

カレーの方はビーフカレーで、濃厚なルーが特徴。
結構、味の効いたカレーでした。
また食べる機会があれば、今度はカツカレーを食べてみたいです。
tgcurry.JPG

この記事へのコメント