大分グルメ日記

今回は大分旅行におけるグルメネタを更新します。

二代目 与一・琉球丼
ryukyudonyoichi.JPG
大分駅から徒歩10分程度のところにある郷土料理店。
大分に訪れて、最初に食べた店になります。

自分が訪れた時はお昼で、その時間帯は琉球丼のみの注文との事。
大分なのに琉球丼なんですね(汗)
旅行雑誌やネットにも取り上げられていて食べたかったので、最初から琉球丼(1,500円)を注文する予定でした。
自分の他にも赤い人が何人か食べていました。

目の前で板前が関アジを捌いていてタレに寝かせてから酢飯の上に乗せていました。
薬味として大葉を関アジの上に散らして、風味を引き立たせています。

見た目もいいけど味も良し。
大分に来てまで食べて良かったと思わせる一品でした。
ただ、味噌汁が、やたらと辛かったです(汗)

海地獄・地獄蒸し焼きプリン
umipurin.JPG
べっぷ地獄めぐりの1つである海地獄。
海地獄を訪れた時に名物として販売してあったので食べて見る事にしました。

その名も「地獄蒸し焼きプリン」(300円)。
海地獄を訪れた時は、まだ午前中でしたが、甘いものが別腹という事で食べてみる事に。

多い日で1日1,000個近く売れるという一品。
温泉で蒸してからオーブンで焼いているとの事ですが、ほどほどの甘さでした。

甘味茶屋・だんご汁
dangojiru.JPG
別府市内にある食堂。
駅から離れていて、バスを利用して移動する必要があります。
甘味茶屋というだけあって、食べ物以外にも飲み物や和菓子なども置いてあります。

無難に大分の郷土料理の1つであるだんご汁(700円)。
定食でも良かったのですが、ホテルで朝食を食べ過ぎた上に、先に海地獄でプリンも食べたので、単品で我慢しました。

見た目は味噌仕立てで太麺のうどんといった感じ。
太麺はもっちりとした食感で、麺に染みわたった味噌もパンチが効いています。
具材では野菜、肉がふんだんに入っていて、食べごたえありです。
甲府とのほうとうとは違った味わいでした。

この記事へのコメント