GK同士の好守連発でドロー

Jリーグ第21節。
浦和レッズは、アウェー・ユアテックスタジアム仙台にてベガルタ仙台との対戦。

前節終了時で暫定5位のレッズ。
今日の相手は、降格圏内に低迷するベガルタ仙台。
5月のホームゲームでは完勝している相手に、アウェーでも勝ってスイープを達成したい相手。

スタメンは前節から大久保選手に代えて、今日誕生日を迎える汰木選手を投入。
FWはユンカー選手の1トップ。

試合はレッズが優位に攻めるが、ユンカー選手のヘディングシュートや汰木選手が1vs1の場面などが相手GKにセーブされるなどあってゴールが奪えず。
一方のベガルタは前半で負傷交代などのアクシデントもあり、チャンスらしいチャンスもなく。
前半は両チーム無得点でハーフタイムへ。

後半になるとベガルタが反撃。
PA内でシュートを連発するが、そこはGK・西川選手の好守もありゴールを割らせず。
一方のレッズは、仙台キラーの興梠選手を投入し先取点を狙うが、前半同様にゴールが遠く。

結局、試合は0-0のスコアレスドロー。
両チーム勝ち点1を分け合う結果となりました。

今日の試合はネットでの観戦。
お互いに消化不良に思った感じの試合だったようですね。
Jリーグタイムで見たけど、芝の状態が酷かったのが気になりました。

リーグ戦デビューの相手・仙台相手に初得点を決めたユンカー選手は今日も不発。
これで2試合連続ノーゴール。
マークも厳しくなってきているし、彼以外の選手に得点が求められてきていますね。

仙台キラーの興梠選手もノーゴール。
これで移籍後、仙台戦ノーゴールで終えるのは、おそらく初めて。
やはり衰えがきているのかな。
それでも必要な選手なので、今後もレッズの選手としてプレーしてくれたらと思います。

試合の話とはそれるが、先日の湘南戦で鈴木彩艶選手の試合出場を巡る処分問題でJリーグ側の対応には呆れるばかりですね。
自主申告したレッズ側のみ処分されて、チェックを見落としたマッチコミッショナー側は責任範囲ではないとして処分はなし。
誰が、そんな決定を納得するというのでしょうか?
それだったらマッチコミッショナーは要りませんよ。
Twitterなどで他クラブからもレッズに対して同情の声が多かったのが、それを表していると思います。(そういえば水風船の時もマッチコミッショナーに処分がなかったな)

次節は、昭和電工ドーム大分にて大分トリニータとの対戦。
今日に続いて降格圏内に低迷するチームとの対戦となるが、アウェー・大分は長年勝利から遠ざかっている鬼門中の鬼門であるスタジアム。
そんな鬼門ではありますが、次節は大分へ行きます。
大分県自体が初めてなので観光も楽しみたいと思います。

この記事へのコメント

2021年07月04日 20:09
こんばんはです。
今回は彩艶の問題の件もあり、失った2点を取り返す為にも大量得点で勝ちたかったですが、またも鬼門ユアスタが作用したのか、あれだけ決定機を作りながら無得点が無念でした。興梠もあと一歩だったんですけどね。確かに年齢的な衰えは否めないので、これからはこれを周りもどうフォローするかですね。

彩艶問題はクラブが不服申し立てをしているので、その結果を待ちたいと思います。
FREE TIME
2021年07月04日 22:54
 >うえさん
こんばんは。
最近のユアスタで勝てているので鬼門という感じはしないのですけどね。
それでも1点取っていればの場面が多かったので、どこかで決めてほしかったです。
彩艶選手の件は、本当に納得できません。
不服申し立てが実るといいのですが。