宇賀神、柴戸のゴールで完勝

Jリーグ第19節。
浦和レッズは、三協フロンテア柏スタジアムにて柏レイソルと対戦。

前節はミスから逆転負けを喫してしまったレッズ。
今夜の相手は、降格圏内に低迷する柏レイソル。
ルヴァン杯で同グループだったが、その時の対戦成績は1敗1分け。
上位に加わる為には、連敗は許されない戦い。

スタメンは前節から9人入れ替え。
GKには西川選手が7試合ぶりにスタメン復帰。
FWは興梠、武藤の2トップ。

前半はお互いに決め手がないまま時間だけが過ぎていき、両チーム得点へハーフタイムへ。
後半に入ってレッズが興梠選手がGKとの1vs1の決定機をだったが、それを決めきれず。

そして、レッズベンチは16分に調子の出ない興梠、武藤両選手に代えて、小泉、ユンカー両選手を起用。
この交代から攻撃にリズムが出てきたレッズは、19分に宇賀神選手のミドルシュートが決まって待望の先取点。
36分にはCKからのボールを柴戸選手が決めて追加点。

守っても無失点に抑えた浦和レッズが2-0で柏レイソルに勝利。
アウェーで勝ち点3を獲得しました。

前節の逆転負けから中2日。
スタメンを9人も入れ替えるターンオーバーを実行。
こういうところを見ると、レッズの選手層も厚くなってきた事を感じます。

一方で興梠、武藤の交代には世代交代の流れを感じましたね。
2人が下がってから得点が入ったのだから尚更。
ユンカー1人では、この先はきついので、何とか2人には調子を上げていってほしいです。

レイソルの背番号10は、今日もベンチ外だったようですね。
レッズへ移籍が濃厚なようですが、何でも自分から各クラブに売り込んだとか。
監督との間に何があったのか知りませんが、今のレイソルに選手を選り好みする余裕はないと思いますけどね。
しかし、レッズからしたら補強ポイントにマッチしている選手なので、来たら来たで大歓迎です。

次節は、ホーム・埼玉スタジアムにてアビスパ福岡との対戦。
次の試合から二回り目の対戦に入ります。

アビスパにはGWのアウェーゲームで完敗を喫した相手。
その頃に比べて相手の勢いは落ちているようですが、今日は試合がなかったので休養は充分な筈。
しかし、同じ相手に2度も負けるわけにはいかないので、アウェーの借りをホームで返したいですね。

この記事へのコメント

2021年06月24日 00:16
こんばんはです。
過密日程の中で先発を大胆に入れ替えましたが、リカルド下では控え組の宇賀神が先発で素晴らしいプレーを披露してくれたのが嬉しかったです。宇賀神は普段はアレなんですが、たまーに覚醒するから憎めないんですよねぇ(笑)

しかし柏も深刻な状態が手に取るようにわかる試合でしたが、外国人を優遇しながら中盤を無視したかのようなサッカーでは、江坂も監督に不信感を持ったのも頷けます。その江坂が出なくなりますます不調に陥っている柏も皮肉な話ですが・・・。
FREE TIME
2021年06月24日 21:39
 >うえさん
こんばんは。
大幅にスタメンを変更しましたが、その中の宇賀神選手の豪快なミドルが炸裂しての勝利。
本当に年に1回は凄いシュートを撃ちます。
レイソルもオルンガ選手が抜けた穴の大きさを感じるどころか、チームが完全に機能不全に陥っている状態ですね。
これでは出ていく選手が増えてもおかしくありません。