ユンカー2ゴールもミスが続いて逆転負け

Jリーグ第18節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて湘南ベルマーレとの対戦。

ここまでカップ戦を含めると10戦負けなしのレッズ。
3週間ぶりのリーグ戦で対戦するのは湘南ベルマーレ。
ルヴァン杯でも同一グループで対戦したが、いずれも引き分け。
まずはホームで確実に勝ち点3を獲得したい相手。

スタメンは、昨年までベルマーレに在籍していた金子選手を起用。
FWはユンカー選手の1トップ。

試合はレッズが開始9分にユンカー選手のゴールで先取点。
しかし、27分にパスミスから山田直輝選手に決められて同点に追いつかれてしまう。
前半は1-1でハーフタイムへ。

後半に入るとレッズが開始8分にユンカー選手が、今日2点目となるループシュートが決まって再び勝ち越し。
その後も追加点のチャンスがあったが、相手GKの好守の連発に阻まれてします。

そうこうしている内に、一瞬のスキから同点に追いつかれてしまい、後半も終盤へ。
そして42分にレッズが再び自陣のパスミスから相手にボールを奪われてしまい、かつてレッズに在籍していた岡本選手にゴールを決められてしまい逆転。

これが決勝点となって湘南ベルマーレが3-2で浦和レッズに逆転勝ち。
レッズは、リーグ戦では7試合ぶりの黒星となりました。

今回の試合も上限5,000人ということでチケット争奪戦に参加できずに、テレ玉にてTV観戦。
まん坊を適用中でも上限10,000人にしてくれないですかね。
いつになったら埼スタでユンカーを観られるのやら。

そのユンカー選手が、今日も2ゴール。
1点目はゴール前に混戦から、2点目はカウンターからのループシュート。
ループシュートは興梠選手から教わったそうですが、それを早速実践できるとは。
やはり凄いですね。

しかし、試合の方は負け。
1失点目は、金子選手のミスからによる失点。
しかも、決められたのが山田直輝選手とは。
逆だったら良かったのですけどね。

2点目は相手の高さが上だったので仕方ないにしても、3失点はGK・鈴木彩艶選手のミスキックからによるもの。
GKが代わっても、こういう失点は続くのですね。
こういう悪癖も、そろそろ改善してもらわないと。

今日の試合は、相手のGKも五輪代表候補だったので、GK対決にも注目していました。
結果は、再三の好セーブで3点目を防いだ谷選手に軍配ですね。
おそらく2つと思われるGK枠に彩艶選手が選ばれる事は難しそうです。
レッズに限っていえば、次節は西川選手がスタメン復帰も考えられそうです。

次節は3日後の水曜日。
アウェー・三協フロンテア柏スタジアムにて柏レイソルとの対戦。
次の試合でリーグ戦は全19チームとの対戦が一回りします。

レイソルとはルヴァン杯でも対戦していますが、その時は1敗1分け。
現在は降格圏内に低迷しているけど、日立台での試合でもあるので簡単には勝てないでしょう。
でも、連敗はしたくないので、最低でも勝ち点1を獲得出来たらと思います。

この記事へのコメント

2021年06月21日 13:54
こんにちはです。
あの攻撃と今の湘南からしたら、余程の不味い事が起きない限り先ず負けは無い内容でしたが・・・その余程の事が起きてしまうんですねぇ。何れも守備陣は猛省で必ず反省材料にして今後に活かしてほしいです。またレッズとしては、放出した2人にゴールを許した事実を重く受け止めなければいけませんね。

ちなみにスタジアムの1万人緩和は、埼玉は早くても来月12日以降になりそうですね。五輪優先で(何より飲食店もそうですが)各イベントを押さえ込む東京と政府に振り回される国民の怒りと我慢も限界の限界を越えているだけに、もっと早く緩和してほしいところですが・・・
FREE TIME
2021年06月21日 22:38
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
今のチーム力からして先取点を取った時点で楽に勝てると思ったのですが、まさかの逆転負け。
しかも、最後は元レッズの選手に決められたのは悔しさを増長させますね。
スタジアムの観客数上限の緩和が五輪明けになりそうですね。
4月の3試合しか行けてないだけに、早く埼スタで参戦できるようになりたいです。