鈴木彩艶とユンカーのリーグ戦デビューを勝利

Jリーグ第13節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてベガルタ仙台との対戦。

ここまでの12試合で5勝5敗2分けのレッズ。
今日の相手は埼スタで過去負けなしのベガルタ仙台。
降格圏に低迷しているチームでもあるので、確実に勝ち点3を獲得したい相手。

スタメンにはGKに鈴木彩艶選手がリーグ戦初スタメン。
先日のルヴァン杯で、いきなりゴールを決めたユンカー選手もリーグ戦初スタメンで武藤選手との2トップ。

試合は、レッズが立ち上がりから攻められる時間が多く続いたものの、GK・鈴木選手を中心にDF陣が体を張った守備でゴールを割らせず。
一方の攻撃ではカウンター狙いだったが、こちらも得点には至らず。
前半は0-0で後半へ折り返し。

後半に入ってレッズがペースを握り、13分に見事な崩しから、最後はユンカー選手がゴールを決めてレッズが先取点。
これでユンカー選手はルヴァン杯と合わせて2試合連続ゴール。
リーグ戦は勿論初ゴール。

そして30分には阿部選手の芸術的なFKが決まって追加点。
結局、試合は浦和レッズが2-0でベガルタ仙台に勝利して勝ち点3を獲得。
鈴木選手とユンカー選手のリーグデビュー戦、ホームゲームデビュー戦を勝利で飾りました。

今日の試合はスタジアムで参戦できずに自宅でネット観戦。
10,000人から5,000人に減ってしまったので仕方なし。(2週間後の神戸戦もチケ獲れず)
せっかくの彩艶選手とユンカー選手の初スタメンの試合、久しぶりのアベッカム弾もスタジアムで観たかったです。

前半はGKを代えた影響なのか危ない場面もありましたが、何とか無失点に抑え、後半にエンジンがかかってきたところで2得点。
ユンカー選手のゴールは、いい形で相手のDFを崩しての得点。
ノルウェーリーグ得点王は伊達ではないようです。

彩艶選手が今季初スタメンに抜擢された背景には、前節の西川選手のプレーが影響していると思います。(失点も多いし)
これまで絶対的な正GKだった彼の代わりにスタメン起用された選手が、チームのクリーンシートに貢献する。
ストライカーしかり、ゲームメーカーしかりレッズにも世代交代の波が押し寄せてきましたかね。

次節は、アウェー・パナソニックスタジアム吹田にてガンバ大阪との対戦。
ガンバは、クラスター感染の影響で試合消化数が少ないとはいえ、降格圏に位置している状態。
9試合とはいえ勝ち点7は流石にね。
今の大阪は東京以上に危険地域で、この試合もリモートマッチで行われるとの事。
次節のGKはどちらを起用するか分かりませんが、最低限でも勝ち点1は獲得したいです。

この記事へのコメント

2021年05月10日 08:17
FREE TIMEさん
おはようございます。
まさかこのタイミングで彩艶を使って来るとは驚きましたが、その上に好プレー連発で完封に貢献と、これ以上ないリーグデビュー戦になりましたね。
更にユンカーは前回に続き今度はホームで決勝点、更に阿部の素晴らしいFKを決めるなど、見所満載でした。
前半は仙台の対応に後手を踏んで苦しめられましたが、リカルドのさすがの修正力と、それに応えた選手の意識の高さにより、結果的には不調に苦しんでいる相手に力の差を見せ付けての、良い完封勝利になりましたね。
FREE TIME
2021年05月10日 22:10
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。

彩艶選手のスタメン抜擢が本当に驚きました。
そんな与えられたチャンスで無失点勝利の貢献するとは言う事なしです。
そして、他にもユンカー選手のリーグ戦初ゴールや阿部選手の芸術的FKなど10,000以上の観客がいる中で見たかったシーンの連続でしたね。
本当に快心の勝利でした。