映画「いのちの停車場」

映画「いのちの停車場」を鑑賞しました。

この映画は、現役医師でもある作家・南杏子の小説を原作にした医療ドラマ。
在宅医療を行っている診療所に勤めることになった元救命救急医が、さまざまな患者と向き合っていく作品。

ストーリーは、長年にわたって大学病院で救命救急医として働いてきたものの、父・達郎(田中泯)が暮らす石川県の実家に戻ってまほろば診療所に勤めることにした白石咲和子(吉永小百合)。
院長・仙川徹(西田敏行)、看護師・星野麻世(広瀬すず)、そして大学病院の事務職を辞めて咲和子を追ってきた野呂聖二(松坂桃李)らとともに、在宅医療を通して患者と接していく。
救命救急とは違う医療の形に戸惑っていた咲和子だったが、次第に在宅医療だからこそできる命の向き合い方があることを学ぶ。

緊急事態宣言の再発令で東京都や大阪府などの映画館が営業自粛。
その影響で、上映延期になる作品が相次ぎましたが、この作品は予定通り上映。
在宅医療の何たるかも知りたかったので、劇場鑑賞してみる事にしました。

大学病院の救命医として働いていた白石咲和子が、病院で起きた、ある事件の責任を取って退職。
実家のある金沢に戻り、父と2人で暮らしながら、「まほろば診療所」の在宅医療専門の医師として働き始める。

在宅医療患者にも様々な人が登場します。
お年寄り、会社の社長、顔なじみの女性、子供。
様々な患者や、その家族と出会う。
死と隣り合わせの患者の生に「寄り添う医療」の大切さを学びます。

そんな中で、咲和子にとって一番身近な父親が病気に苦しむことになります。
骨折をきっかけに耐えがたい痛みを抱えた父の苦しみを全身からにじませ、咲和子をも追い詰めていきます。
その父に対して咲和子が出した答えには、何とも言えない気持ちになりました。
咲和子がやろうとしている事は、日本では犯罪になります。
でも、このまま父親が苦しむ姿も見たくない。
命の決断の難しさを知る場面でもありました。

この映画で印象に残ったのは在宅医療以外では、金沢の美しい街並みと豊かな四季。
自分も金沢を訪れた事がありますが、その時は秋だったので、雪や桜が舞う金沢が何とも長閑に感じました。

一方で違和感も。
主人公の吉永小百合と、父親役を演じた田中泯。
親子にしては歳が近いのではないかと思いましたが、何と同い年との事。
とてもそうは見えないくらいに吉永さんが若々しく見えるわけで、こういう歳の取り方をしてみたいとも思いました。

この記事へのコメント