興梠 今季初ゴールもドロー

Jリーグ第16節。
浦和レッズは、アウェー・エディオンスタジアム広島にてサンフレッチェ広島との対戦。

ここまでリーグ戦3連勝中で全てクリーンシートのレッズ。
中3日で臨む、今日の対戦相手はサンフレッチェ広島。
過密日程ではあるが、今日の試合も無失点勝利で連勝を伸ばしたい試合。

スタメンは前節と若干変更あり。
FWはユンカー選手の1トップ。
GK・鈴木彩艶選手はデビュー戦4試合連続無失点のJリーグ記録がかかる試合。

試合は、立ち上がりからサンフレッチェのペースで試合が進むが、レッズが前半15分にゴール前のこぼれ球に反応した汰木選手がペナルティエリア左から折り返すと、ユンカー選手が右足で押し込んでレッズが1点を先取。
これでユンカー選手はリーグ戦初出場以来4試合連続ゴール。

しかし、23分に相手CKがそのままゴールに入ってしまい同点に追いつかれる。
これで鈴木彩艶選手は、リーグ戦デビューから初失点。
前半は1-1でハーフタイムへ。

後半はお互いに決め手がないまま時間が進んでいき、ともに攻撃的な選手を投入し打開を図る。
そして、38分にレッズが相手のハンドでPKを獲得。
このPKを途中出場の興梠選手が落ち着いて決めてレッズが勝ち越し。
これで興梠選手は今季初得点。

レッズは逃げ切り体制に入る状況となり、後半のATは7分。
そのATで同点に追いつかれてしまい、2-2のドローで試合終了。
両チーム勝ち点1を分け合う結果になりました。

今日の試合はNHK BS1で中継があったのでTV観戦。
お互いに過密日程ではありますが、死力を尽くした好ゲームを見せてくれたと思います。

広島と言えばカープがチーム内で感染者、濃厚接触者が続出して試合が出来ない状態。
本来なら、今日はライオンズがマツダスタジアムでカープと対戦する予定でした。
サッカーと野球で埼玉vs広島の対戦を見たかったのですが仕方ありません。

話は横道に逸れましたが、今日の試合ではユンカー選手が4試合連続ゴール。
なかなか前線にボールが渡ってこない苦しい状況でしたが、数少ないチャンスをモノにする決定力は凄いですね。
いいFWがレッズに来てくれました。

そしてPKとはいえ興梠選手も待望の今季初得点。
PKも自らのプレーでもぎ取ったものだし、ここから得点を量産してほしいです。

一方で川口能活超えに期待が高まった彩艶選手ですが、今日の試合は2失点で記録更新はならず。
前半の失点もラッキーゴールだったし、後半の失点も相手のミドルシュートが凄かった。
まだまだ経験が必要ですね。

次節は3日後の日曜日。
ホーム・埼玉スタジアムにて2位・名古屋グランパスとの対戦。

上位チーム相手となりますが、グランパスはここのところ失速気味。
今日も降格圏内のチーム相手に負けていますね。
ユンカー選手にとっては因縁の相手。
そのゴールを決めて、獲得できなかった名古屋を後悔させてあげたいですね。

ちなみに、次節もチケットが獲れずに自宅から観戦予定です。
まん防とやらも来月中旬まで延長される見込み。
そうなると、埼スタ参戦復帰は8月以降になりそうです。






この記事へのコメント

2021年05月28日 06:35
おはようございます。
新戦力ユンカーの連続ゴールと、エースの今季初ゴールと、得点としては理想の両者が決めてくれましたが、勝ち越し後の試合の締め方がハッキリせず、そこをロスタイムに突かれてしまいましたね。
彩艶に関しては今回も2度の好セーブありで、無失点記録が途切れたのは残念でしたが、ただ失点は相手のシュートを褒めるレベルだと思います。逆にこれが成長の糧になってくれたら良いと思います。
FREE TIME
2021年05月28日 21:33
 >うえさん
こんばんは。
せっかく決めるべき人が決めたのに、2度も直ぐに追いつかれてのドロー。
いい試合ではありましたけど、悔いが残る結果となりました。

彩艶選手の無失点記録は途切れてしまいましたが、いずれも相手のシュートが素晴らしかったですね。
今日の経験を糧に、次節の名古屋戦は無失点に抑えて勝利といきたいですね。