松山英樹選手が日本人初のマスターズ制覇

アメリカで開催中のゴルフのメジャー大会の1つであるマスターズ・トーナメントで松山英樹選手が優勝。
日本人選手としては初めてのマスターズ制覇を達成しました。

2位と4打差の首位で最終ラウンドに臨んだ松山選手。
最終ラウンドでも着実にスコアを伸ばしていく。
後半はダブルボギーなどでスコアを落とすが、ライバル選手も思うようにスコアを伸ばせず。

最後は2位と1打差で振り切っての優勝。
10回目の挑戦にして壁を破りました。

マスターズの模様は、最終日の後半だけTVで観ていました。
個人的には、あまりゴルフに興味がないので、前日まではスポーツニュースでチラッと見る程度でしたが、やはり日本人選手が優勝しようとなると見ないわけにはいきません。
最後に勝利が決まった時は、流石にホッとしました。
何よりも本人が一番ホッとしたでしょう。

これまで、マスターズでの日本人最高成績は2001年の伊沢選手、2009年の片山選手の4位。
松山選手のメジャーでの最高成績は、2017年の全米オープン2位。
要するにマスターズに限らず、男子選手にとってメジャータイトルが初めてという事ですね。
女子なら一昨年の渋野選手や、かつての樋口久子さんがメジャー制覇していますから。

改めまして松山選手、マスターズ制覇おめでとうございます。
まさに日本人の誇りです。

この記事へのコメント