今年もマリノスに手も足も出ず

Jリーグ第4節。
浦和レッズは、アウェー・日産スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。

前節は横浜FC相手に待望のリーグ戦初勝利を飾ったレッズ。
今日の相手は、同じ横浜市のチームである横浜Fマリノス。
昨年、一昨年と日産スタジアムで完敗しているが、最低でも勝ち点1を持って帰りたい試合。

スタメンは前節と同じ顔ぶれ。
しかし、前節に復帰した興梠選手がベンチ外。
武藤選手もベンチから外れており、実質的なFWは杉本選手のみ。

試合は開始いきなり3分にマリノスに先取点を許してしまう。
20分にも前田選手にゴールを決められて2点目。
前半はマリノスの前に一方的に攻められる展開で、マリノス2点リードで折り返し。

後半開始と同時にレッズはボランチ2人を交代する手に出るが、大勢は変わらず。
逆にマリノスにダメ押し点となる3点目を許して勝負あり。

結局、試合は横浜Fマリノスが3-0で浦和レッズに勝利。
レッズは3年連続でアウェー・マリノス戦で3失点以上の完敗を喫しました。

試合は13時キックオフ。
アウェーサポは入れないので、私も自宅で試合の様子を確認していました。
やはり、マリノスは甘くない相手でした。

試合開始20分で2点を奪われた時は、昨年の6失点コースが頭を過りました。
それでも、終わってみたら3失点。
よく3失点で済んだなというのが本音です。

いい加減、バックパスを奪われて失点する悪癖は改善されないのでしょうか。
相手がちょっと寄せただけで、横パス、パックパスの連続。
監督が代わっても選手が代わらなければ直らないのでしょうね。

攻撃も無得点。
4試合で3得点は、今日2得点を決めた前田選手1人より少ない得点数。(前田選手が5得点)
如何せん、人不足。
補強しろとは言っても、あのフロントにまともな点取り屋を獲得できるとは思えず。
まだまだ苦しい戦いが続きますね。

次節は3日後。
ホーム・埼玉スタジアムにて北海道コンサドーレ札幌との対戦。

コンサドーレは、今節の試合が中止になったので休養十分。
開幕前のTMで大敗している相手だけに、ほんの数ヶ月で立場が逆転するとは思えず。
しかし、この次に控える相手を考えると、勝ち点3は欲しいですね。

この記事へのコメント

2021年03月15日 12:22
こんにちはです。
マリノスの今の強さを見るに、ある程度の予想は出来ていましたが、チーム力も個の力も如実に違うと、こうも手も足も出なくなるんですね。これが船出から間もない新体制の現実ですね。
ただ流れから点が取れないFWの得点力不足は深刻ですね。真の点取り屋がいない上に戦術もまだまだ追い付いていないので尚更ですが。最低でもFWとCB各1枚ずつの外国人補強、間に合うでしょうか・・・。
FREE TIME
2021年03月15日 21:41
 >うえさん
こんばんは。
マリノスの前に手も足も出なかったですね。
これが今の実力なのでしょう。
FWの人材不足は深刻ですね。
それを分かっていながら補強しようとしないフロント。
おそらく間に合わないし、間に合ったとしてもハズレを引いてきそうです。