映画「ヤクザと家族 The Family」

映画「ヤクザと家族 The Family」を鑑賞しました。

この映画は、「新聞記者」などの藤井道人監督がメガホンを取り、一人のヤクザの生きざまを三つの時代に分けて描くヒューマンドラマ。
ヤクザになった男が大切な仲間や恋人と出会うも、暴力団対策法が施行されたことにより波乱が起きる作品。

ストーリーは、1999年に覚せい剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。
2005年、ヤクザとして名を上げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。
それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。

当初は鑑賞予定になかった作品。
yahoo映画など批評サイトの評点が高かったので、どんな映画なのか興味を持つようになり劇場鑑賞してみることにしました。

ストーリーは3部構成。
1999年、2005年、2019年に分かれます。

1999年は、主人公の山本賢治の父親が薬物が原因によって亡くなり、賢治自身も自暴自棄に。
そんな中で加藤組という暴力団に殺されそうになったところに、柴咲組組長の柴咲博によって助けられます。
その事がきっかけで、賢治はヤクザの世界に足を踏み入れる事になります。

そして時は流れて2005年。
賢治は組の中でも地位を上げていきますが、あることがきっかけで逮捕されて刑務所に行く事とになります。

そして2019年。
14年ぶりに出所した賢治ですが、この14年の間に世の中は大きく変わり、暴力団が幅を利かせられない世の中になっていきます。
賢治にとっては知らない世界に変わっていて、暴力団も「反社」と呼ばれて身近な人からも避けられる事に。
まさに浦島太郎状態でしたね。

柴咲の助言で柴咲組を辞めて堅気になりますが、ここでも暴力団だった事が原因で、せっかく出来た家族を失い、挙句の果てには自らの命をも失う事になります。
せっかく、やり直そうとした人生を他人によって奪われてしまった賢治が不憫でした。

本音を言わせてもらうと、暴力団(ヤクザ)はクズの集まりだと思っています。
自分の力で稼ごうとせずに、他人の稼ぎを巻き上げて自分のものにしているシーンが、この映画でも見られていたし、平気で人を脅し傷つけ、命をも奪う。
そんな奴らをのさばらせない為に施行された暴力団対策法は、本当に意味のある法であります。

この映画のタイトルでもある「ヤクザと家族 The Family」。
賢治にとっての家族は、柴咲組であり、工藤由香(尾野真千子)とその娘。
柴咲組の方が付き合いが長く、由香と家族でいられたのは、ほんの一瞬。
たとえ血が繋がっていなくても、絆が深ければ深いほど、真の家族だったと言えるのだと思います。

この記事へのコメント