映画「ブレイブ -群青戦記-」

映画「ブレイブ -群青戦記-」を鑑賞しました。

この映画は、「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹のコミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が実写映画化。
ある日突然戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き延びようと奮闘する作品。

ストーリーは、スポーツ強豪校の弓道部に所属する高校2年生・西野蒼(新田真剣佑)は、目立つのが苦手で弓道場で練習に打ち込むだけの日々を送っていた。
ある日、雷が落ちたかと思うと校庭の向こうに城が出現し、校内には武士たちが乱入してくる。
全校生徒がパニックに陥る中、歴史好きな蒼は戦国時代の「桶狭間の戦い」直前に学校がまるごとタイムスリップしてしまったことを悟る。

何年か前に「戦国自衛隊」とかいう映画だったかドラマがありましたが、劇場での予告編を見た限りでは、それに近い感じの作品のイメージ。
昨年に亡くなった三浦春馬が出演している事もあって、劇場鑑賞してみる事にしました。

冒頭のシーンでは落雷などの発生により、星徳高校の校舎ごと戦国時代にタイムスリップしてしまいます。
そして、鎧をまとった人たちが生徒に対して無差別に襲ってきます。
なんだか、つい最近まで日テレでやっていたゾンビドラマを彷彿とさせるような展開で唖然としました。

星徳高校の校舎は桶狭間に近いことから西野蒼は戦国時代にタイムスリップしたのだと直感する。
桶狭間といったら織田信長。
本当に織田信長は未来から来た人と縁がありますね(汗)

しかし、この作品においての織田信長(松山ケンイチ)は、それほど重要人物ではなく、むしろ後の徳川家康にあたる松平元康(三浦春馬)と木下藤吉郎(池田純矢)。
その松平元康が蒼たちの前に姿を見せてから話も急変していきます。

ストーリーの詳細を書くのはここまでにしますが、思っていたよりも話に繋がりがあったし、よく出来た脚本だったなと思います。
先程述べた日テレのゾンビドラマとは天の地ほどの差と言っても過言ではないでしょう(汗)

スポーツ強豪校らしく、各競技の長所を活かした戦い方が新鮮さを感じました。
格闘技系は勿論、球技や陸上競技など、それぞれにあった役割分担を与えて戦っていくわけですから。
それでも、相手は生死をかけた戦いに慣れている戦国武将。
本物の剣や銃には勝てませんね。
次々と生徒が命を落としていくシーンは見ていて苦しかったです。

あるバカのせいで多くの命が失われ、歴史までもが変えられてしまうのですが、そこは予定調和の結末。
桶狭間の戦況にも影響はありませんでした。

それにしても三浦春馬演じる松平元康が死んでしまうのは辛かったですね。
おそらく、この作品が遺作になるかもしれませんが、そこで命を落とす役になるなんて。

そして、生き残った生徒たちは現代に戻る事が出来ましたが、死んだ生徒は死んだまま。
どうして多くの生徒が命を落としたのか、実際にあったら大きなニュースになっている筈。
その割には周囲が静かだったのが、妙に不気味でした。

この記事へのコメント

2021年03月30日 00:26
当たり外れの多い本広克之監督だけに、生徒が多く亡くなるだけでなく、それを最後まで物語的に放置してしまうのは、さすがにツッコミどころでしたね。
でも仰る通り、三浦春馬の最後がああいうシーンだけに辛い。
もっと俳優・三浦春馬を見たかったですね。
FREE TIME
2021年03月30日 21:35
 >にゃむばななさん
生徒が多く亡くなったのに、学校に何もないのが変に思いました。
三浦春馬の遺作となるであろう作品でしたが、もっと見て見たかった俳優でした。
本当に惜しい人を亡くしましたね。