映画「すばらしき世界」

映画「すばらしき世界」を鑑賞しました。

この映画は、西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。
原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く作品。

ストーリーは、下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。
過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。
そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。

13年前に殺人を犯し、刑期を終えて刑務所を出所した男の容易ならざる人生のリスタート。
現実的な話だけに、決してフィクションとは思えないような内容の作品でした。

映画の舞台は平成末期。
福岡出身の三上は幼い頃に母と離別。
少年時代から暴力団と関わりを持ち、人生を大半を獄中で過ごしてきています。

堅気としてやり直す為に東京のアパートで新生活を開始。
地道に働こうと必死になるが、世間が受け入れてくれません。
そして、高血圧の持病も彼を苦しめていきます。

三上は「瞬間湯沸かし器」とも言える短気な性格で、些細な事でイライラして目の前の人に怒鳴ったりします。
一方で、困った人を見ると助けようとする優しい性格の持ち主でもあります。
その優しい性格と短気な性格が相まって暴力沙汰まで起こしてしまうわけですが。

必至に働こうと努力していても殺人犯であった三上を世間は受け入れようとしません。
テレビ局は前科者である事に目をつけてドキュメンタリー番組を製作しようとしたり、スーパーの店長(六角精児)も先入観で万引き犯扱いしようとします。

それでも、店長は三上と話し合う内に津乃田のように打ち解けるようになり、ケースワーカーの井口(北村夕起哉)も彼の再就職先を必死に探すようになります。
世間では、そういった一面がある事も見逃してはなりません。

しかし、現実はそうは甘くありません。
なかなか思うようにいかない三上は、再び道を踏み外そうとします。
地元の帰って暴力団の知り合いのところに訪れたシーンでも、こういう現実もあるんだなと。

三上を迎えにきた運転手は「ひとっ風呂浴びてください」と声をかけた時は、三上にとっては温かい言葉なのかと思ったのですが・・・。
「そっちの風呂かよ」と思ったのは、私だけでしょうか?

再び道を外しかけた三上を救ってくれたのは、津乃田と一緒に訪れた施設にいる老人と子供たち。
子供たちとサッカーを興じて、最後は泣き崩れるシーンは本当に胸の詰まる思いでした。
そして、面倒をみてもらっていた暴力団の家にもいられなくなった三上は東京に戻って、ようやく再就職をする事が出来ます。

就職した介護施設でも理不尽な光景を目にします。
しかし、三上は社会で生きていくために我慢に我慢を重ねます。
我慢した甲斐もあって、介護施設で働く人々とも上手くやっていくのですが、そんな三上にも不幸が突然襲ってきてしまいます。

ようやく、社会に順応してきた矢先に訪れた三上の最期。
元妻とのデートの約束も叶わぬまま。

殺人の前科がある以上、三上の人生は、決して人に誇れるものではなかったでしょう。
しかし、そんな三上の死を心から悲しんでくれる人がいただけでも、三上にとっては「すばらしき世界」に映っていたと思います。

この記事へのコメント