映画「ファーストラヴ 」

映画「ファーストラヴ 」を鑑賞しました。

この映画は、島本理生の直木賞受賞小説を映画化したサスペンス。
北川景子演じる公認心理師が、父親を殺した女子大生の事件に迫る中で、犯人の心の闇とともに自身の過去とも向き合っていく作品。

ストーリーは、アナウンサー志望の女子大生・聖山環菜(芳根京子)が父親を刺殺する事件が発生。
環菜のドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、面会や手紙のやり取りを重ね、環菜の周囲の人々を取材する。
環菜に自身の過去を重ね合わせた由紀はやがて、心の奥底にしまっていた記憶と向き合うことになる。

冒頭で聖山環菜が父親を殺害したニュースが報じられます。
その聖山環菜の件を追っていた真壁由紀が彼女と面会を重ねるごとに、過去の自分と照らし合わせていく内容。
殺人事件がテーマなのに、何でタイトルが「ファーストラヴ 」なのかという疑問も、話が進んでいくに連れて解決していきます。

由紀は夫である真壁我聞(窪塚洋介)と暮らしていて、その我聞の弟にあたる庵野迦葉(中村倫也)が環菜の弁護士を担当。
兄弟なのに名字が違うのは、幼いころに両親を亡くした迦葉を我聞の両親が引き取ったからとの事。
そして迦葉は由紀と同じ大学の同期にあたり、過去に関係があり、お互いのトラウマを知る存在にあたります。

内容は実に重たい。
何で環菜は父親を刺したのか。
それは環菜の過去にも関連していきます。

話が進んでいくにつれて環菜の両親はロクでもない人間だという事が分かります。
環菜の父親である聖山那雄人(板尾創路)は、まだ幼い環菜を、教え子のデッサンのモデルに無理やりさせられ、その描かれたデッサンにもとんでもないものが・・・。
まだ小さい女の子にあんな事をさせている事自体、父親としても芸術家としても最低です。

母親(木村佳乃)は母親で娘をやたらと敵対視。
由紀と迦葉が夫がやった事を聞いても「見てない」「知らない」の繰り返しで呆れてしまいます。

そして、環菜の境遇は由紀の過去とも共通点が。
由紀の父親がやっていた事を由紀の母親(高岡早紀)が暴露するのですが、これでは男親はロクなのがいないと思われそうですね・・・。
しかし、娘の成人式の日にそんな事を言うかな。
それに、誰があの写真を撮ったのかも疑問に残りました。

この映画を観ていくうちに、世の中には親の愛情を受け成長する子供は多くいるが、親からひどい扱いを受ける子供はどれくらいいるんだろうと考えてしまいました。
自分は愛情を受けて育ってきた方だと思っているので、余計にそういう境遇の子供が気になってしまいます。

ずっと心を閉ざしてきた環菜も、由紀と面会を重ねていくうちに心を開いていきます。
そして法廷へ。
判決は妥当なものでした。
たとえ本当に揉みあっているうちに刺さったとしても、通報せずに、その場を立ち去ってしまっただけでダメです。

どの出演者も良かったと思います。
主演の北川景子はショートカットも似合っているし、大学時代のロングヘアや成人の晴れ着姿も彼女の美しさを一層引き立てています。
勿論、演技も良かったです。
でも演技面においては環菜を演じた芳根京子や、我聞を演じた窪塚洋介の方が印象的でした。

この映画のタイトルにもある「ファーストラヴ 」(初恋)。
恋愛ドラマかと思いきや、家族を絡めた人間ドラマの要素が強かったです。
「ファーストラヴ 」というのは家族愛も含まれていたのかもしれないですね。

この記事へのコメント