福島・宮城で震度6強の地震

昨夜、東北・関東地方を中心に強い地震が発生。
今朝のテレビは、ずっと地震のニュースが中心ですね。

13日午後11時8分頃、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県南部、福島県中通り、同県浜通りで震度6強を観測した。
気象庁によると、震源の深さは約60キロで、地震の規模を示すマグニチュードは7.1と推定される。
気象庁や各地の警察が、被害状況の確認を進めている。

■福島
震度6弱を観測した福島市は激しい揺れが続いた。市内のマンション2階に住む記者の自宅も机の上のポットが落ちたり、照明器具のカバーが落ちたりした。

■宮城
仙台市青葉区の読売新聞東北総局では、突き上げるような揺れの後、激しい横揺れがしばらくの間、続いた。総局内の液晶テレビのモニターが激しく揺れ、本棚からは本や資料が床に落下した。仙台駅前の幹線道路は13日午後11時半前、車が行き交い、混乱は見られない。
仙台市青葉区のアーケード商店街では地面が激しく揺れ、スマートフォンの緊急地震速報を慌てて見る人たちが見られた。同市にいた男性記者は「最初、小さな縦揺れから大きな縦揺れになり、緊急地震速報の音が鳴り響き驚いた」と語った。
仙台市青葉区の中心街ではビルの警報が鳴り響いた。街を歩く人たちは「地震の警報でしょうか」と不安そうに話していた。(読売新聞)/blockquote>
地震発生時刻は午後11時8分。
その頃はTVドラマを見ていましたが、CMが流れている最中に緊急地震速報が入ってきて、その直後に強い揺れ。
強いだけでなく長い揺れで、あの日を思い出してしまう程でした。
結局、ドラマも中断となって、再会する感じもなかったのでTVの電源を切って、そのまま寝ました。

震源が福島県沖と聞いて津波の恐れもありましたが、その心配はなし。
この時間まで津波のニュースはないので、津波に関しては安心してよさそうです。

間もなく、東日本大震災から10年が経過します。
そんなタイミングで訪れた強い地震。
東日本大震災の余震と見られており、今後も余震は続く見通しです。

自分の住んでいる関東でも停電が各地で発生しております。
自分の家は停電していませんが、今後も最新の注意を払っていこうと思います。

この記事へのコメント