2020年映画鑑賞記録

2020年はコロナ禍で映画業界にも大きな影響を与えました。
そんな2020年でしたが、今回は自分が2020年に鑑賞した映画を振り返ります。

今年鑑賞した映画作品は以下の通りとなります。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
この世界の(さらにいくつもの)片隅に
ラストレター
リチャード・ジュエル
パラサイト 半地下の家族
1917 命をかけた伝令
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
スキャンダル
Fukushima 50
弥生、三月-君を愛した30年-
一度死んでみた
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
水曜日が消えた
コンフィデンスマンJP プリンセス編
今日から俺は!!劇場版
思い、思われ、ふり、ふられ
弱虫ペダル

青くて痛くて脆い
TENET テネット
ミッドウェイ
浅田家!
望み
罪の声
朝が来る
キーパー ある兵士の奇跡
461個のおべんとう
さくら
天外者
新解釈・三國志

トータルで31作品を鑑賞しました。
例年に比べて少なくなりましたが、これも4月から5月の間は映画館が休館してしまったのもありますね。
それは、このご時世なので仕方ありません。

そんな中でも、いろいろな作品に巡り合う事が出来ました。
今年観た中から印象に残った作品を挙げると、邦画なら公開順に「ラストレター」、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」、「浅田家!」、「朝が来る」、「天外者」。
洋画なら「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」、「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」、「TENET テネット」と言ったあたりです。

その他ではアカデミー賞にも輝いた「パラサイト 半地下の家族」ですね。
韓国映画は「洋画」の部類に入るのかどうかわかりませんが、設定や脚本等に魅力を感じた作品でした。

邦画で挙げた「コンフィデンスマンJP プリンセス編」と「天外者」ですが違った意味でも印象の残る作品となりました。
竹内結子、三浦春馬と亡くなった人が出演していた作品ですからね。
何で自ら命を絶ったのか、今でも疑問に感じています。

ワースト部門ですが、今回は割愛しておきます。
今年は映画を観られただけで充分なので。

先日、「千と千尋の神隠し」を超えて歴代興行収入1位を記録した「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」。
原作もアニメも読んでいなかったので、まだ鑑賞していないのですが、年明けにでも鑑賞しようと思います。
歴代1位になるのは、それなりの理由がある筈ですから。

今年公開する予定だった作品の中で、来年以降に延期になってしまった作品があったのも今年の特徴。
洋画なんて延期のまた延期なって作品もありますからね。
今の欧米の事情で洋画が公開されるのかどうか、非常に心配です。

2021年の元日はファーストデー.
元日は特にやる事もないので、毎年のように映画館を利用しております。
来年は、今年みたいな事がなく、1つでも多くの良き作品に巡り会いたいですね。

この記事へのコメント

2020年12月31日 23:34
新作映画が延期延期の一年でしたね。新公開日が決まってもまた延期になることもあれば、気が付けば公開されているなんてことも多々ありましたし。
落ちついて映画を見ることも、見たい映画を選ぶことも大変でしたね。
来年はそんなことがありませんように。
それでは良いお年を。
FREE TIME
2021年01月01日 21:50
 >にゃむばななさん
年を跨いでの返信になり失礼しました。
コロナの影響で公開が1年延びてしまった作品が多かったですね。
中には延期に次ぐ延期も。
2021年は、そんなことがないような1年であってほしいです。

今年も宜しくお願い致します。
2021年01月02日 10:58
明けましておめでとうございます。
いつも拝見するだけで失礼しております。
邦画は昨年「罪の声」しか観なかったのですが、「天外者」は絶対観たいデス。
洋画の公開が少なかった分、昨年は邦画が頑張っていましたよね☆
「鬼滅~」は私も未見です・・・
今年もよろしくお願いいたします。
FREE TIME
2021年01月02日 14:12
 >ノルウェーまだ~むさん
喪中につき、新年の挨拶は控えさせていただきます。
こちらこそ、いつも拝見するだけで恐縮です。

「天外者」は良かったですよ。
最初から上映本数が少ないので、早めに観ないと公開終了になってしまうかもしれません。
昨年は邦画がほとんどでした。
「鬼滅の刃」は今月中に観ようと思っています。

最後に今年も宜しくお願い致します。
2021年01月03日 17:48
昨年は私も前の年の半分ほどでした。
映画館の休館もあり、いろいろと大変な世の中でしたね。
今年は延期分も含め無事に公開されると良いのですが...
良作に出会えことを楽しみしたいです。
今年もよろしくお願いいたします。
2021年01月08日 18:01
明けましておめでとうございます。
なかなかご訪問の軌跡を残せず、いつもコメントを入れるのが年始だけになってしまっておりますが、それだけベストを楽しみにしておるということでご容赦ください。
本当に2020年は、新作公開も少なかったですし、何より映画館が閉まるという人生初の出来事に遭遇した驚きの年でした。
今年もまだ雲行きが怪しそうですが…好転することを願っております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。