映画「461個のおべんとう」

映画「461個のおべんとう」を鑑賞しました。

この映画は、バンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美のエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を実写映画化。
離婚した主人公が高校生の息子のためにおべんとうを作り続ける作品。

ストーリーは、離婚した鈴本一樹(井ノ原快彦)は、15歳の息子・虹輝(道枝駿佑)を巻き込んだことに罪悪感を抱いていた。
やがて、一度は失敗した高校受験に合格した虹輝は、昼食を買うのではなくおべんとうを父に作ってほしいという。
2人は「3年間、毎日おべんとうを作る」「3年間、休まず学校へ行く」という約束をする。
こうして一樹のおべんとう作りが始まった。

高校生になった子どもの弁当を親が3年間作る。
何だか、昨年に鑑賞した「今日も嫌がらせ弁当」を思い出しますね。
今回は母親と娘ではなく、父親と息子ですけど。

一度は高校受験に失敗して一浪の末に入学した長男の虹輝。
同級生からも年上である事を理由に敬遠されていたが、そんな虹輝にも友達ができたきっかけがおべんとう。
進級してからも一緒に食べる仲間が出来たりして、すっかり溶け込んでいきます。

それでも、離ればなれになった母親に時々会いに行っては悩みを打ち明けるところは、まだまだ子供である一面も見せていました。
流石に「父親を選べる」なんて発言をした時には、ちょっぴり引いてしまいましたが。

タイトルにある「461個のおべんとう」。
高校3年間で一樹が虹輝のために作ったおべんとうの数ですね。
土日とか夏休みのような長期休みがあるので、3年間とはいっても、この数。
でも、その461個を作るのが、どんなに大変なのかは自分でも分かっているつもりです。

高校生活最後のおべんとうを食べて涙ぐむ虹輝のは大袈裟に泣くわけでもなく鼻をすするだけ。
でも、それが感謝に気持ちでいっぱいの表れだったのでしょう。

自分も高校時代は部活動の時とかも含めて母に、よく作ってもらっていました。
当時は何気なく食べていて、今になって思えば感謝に気持ちが足りなかったと思います。
最後のおべんとうを食べる虹輝の姿を見て、昔の自分に対して喝を入れてやりたい気分でした・・・。

この記事へのコメント