映画「望み」

映画「望み」を鑑賞しました。

この映画は、雫井脩介の小説を原作にしたサスペンスドラマ。
幸せな生活を送っていたはずの夫婦が、息子が同級生の殺人事件への関与が疑われたことで窮地に立たされていく作品。

ストーリーは、一級建築士として活躍する石川一登(堤真一)は、誰もがうらやむような裕福な生活を送っていたが、高校生の息子が無断外泊したまま帰ってこなくなってしまう。
その行方を捜すうちに、彼が同級生の殺人事件に関わっていたのではないかという疑いが浮上してくる。
たとえ被害者であろうとも息子の無実を信じたい一登、犯人であっても生きていてほしいと願う妻の貴代美(石田ゆり子)。
二人の思いが交錯する中、事態は思わぬ方向へと突き進んでいく。

現実にも起こり得そうな内容を題材にした作品。
家族の4人もベテラン俳優の夫婦に、兄妹役が今が旬の俳優という事で劇場鑑賞してみる事にしました。

冒頭はサッカー部の練習シーンから。
ゴール前でラフプレーを受けた選手が倒れて蹲っているところで次のシーンへと移ります。
このシーンが、この後の伏線へと繋がっていきます。

石川一登は自宅の近くに事務所を構える一級建築士。
そこでお客さんに、自宅を招いて部屋の中を紹介します。
このシーンで、子供部屋まで公開するのは違和感がありました。
いくら本人の許可を得て入っているとはいえ、子供たちはいい気がしないのではないかと。

その一登の家族は、妻の貴代美(石田ゆり子)。
高校生の長男・規士(岡田健士)、高校受験を控える中学生の雅(清原果耶)。
家族写真を見るからに幸せそうな生活を送っているのがわかります。

そんな家族だったが、規士が無断外泊したまま帰宅してこない。
そんな中で、規士と同じ高校に通う高校生が殺人事件の被害者としてニュースに報じられ、警察も捜査として石川宅を訪れる。
ここから先は、まさに石川家にとって急転直下に展開となっていきましたね。

ここから家族3人の気持ちにもズレが生じてきます。
父は息子の無実を信じたい。母は犯人であっても生きていてほしい。
妹は自らの高校受験に影響が出る事を気にする。

無実であるという事が被害者として殺害されている可能性がある事。
もし生きていた場合は、加害者である可能性が高い事。
主犯格が捕まった際に、「もう1人殺害した。」と自供した時点で結末は読めていましたが、どちらにしても、最悪の結末しか待っていない事が分かります。

それにしても気になったのが、そうと決まったわけでないのに殺害に関与したと疑われているだけで、周囲の反応がここまで変わるのかという事。
貴代美は「警察は何も教えてくれない。」と愚痴をこぼしていましたが、捜査段階の事が言えないのは当たり前の事。
ここでは警察の対応は正しいと思います。

むしろ間違っていたのがマスコミや周囲の人達の反応。
何で逮捕されてもいないのに自宅まで押し掛けるのか。

冒頭で一登に新居を受注していた夫婦や、一登の仕事仲間までもが離れていく。
印象操作と呼ぶべきかどうか分かりませんが、噂だけで乗せられてしまう恐ろしさも感じてしまいました。
でも、こういう事って実際にもあったし「これが真実」なんでしょうね。

長男の規士はサッカー少年で、石川家は埼玉県在住の設定という事もあって、規士の部屋には浦和レッズのグッズや選手のポスターが飾られてしました。
浦和レッズを応援する身として、唯一嬉しく感じたシーンでした。
もっとも、この部屋に一登が入った事によって真相が明らかになっていったわけですが。

この映画を見て学んだのは、どんな事件や事故であろうと、そこに被害者と加害者、またそれぞれの家族や友人がいる事を忘れてはいけない事。
たとえ加害者であろうと、家族に罪はないという事。
この映画は、現実にも起こりうる内容だっただけに、その気持ちを強く感じました。

この記事へのコメント