映画「浅田家!」

映画「浅田家!」を鑑賞しました。

この映画は、第34回受賞した浅田政志の著書「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案にした人間ドラマ。
家族写真を撮りながら成長していく主人公の姿を描く作品。

ストーリーは、家族を被写体にした卒業制作が高評価を得た浅田政志(二宮和也)は、専門学校卒業後、さまざまな状況を設定して両親、兄と共にコスプレした姿を収めた家族写真を撮影した写真集「浅田家」を出版し、脚光を浴びる。
やがてプロの写真家として歩み始めるが、写真を撮ることの意味を模索するうちに撮れなくなってしまう。
そんなとき、東日本大震災が発生する。

実話を基に構成された作品。
上映が始まる前とエンドロールに入った時と、2度にわたって同じ字幕が出てきます。
何の予備知識もなかったのですが、後になって浅田政志とは朝田政志と言う実在する写真家がモデルである事が分かりました。

浅田家の面々は、専業主夫の父(平田満)、看護師として家計を支える母(風吹ジュン)、一見頼りないが弟の無理に付き合ってくれる兄(妻夫木聡)、そしてマイペースな弟の4人によって構成される。

政志は、せっかく入った写真専門学校をサボリがちで卒業も危なかったが、家族を被写体にした卒業制作が学校側から高評価を得て運よく卒業する。
その写真の数々は、どれもユニークで家族が楽しそうに映っているものばかり。
もっとも、これらの写真が撮れたのも、兄が関係者に頭を下げ続けて実現した事も見逃してはいけません。

その写真をPRに写真関係の仕事に就こうと東京に出るが、なかなか採用してもらえず。
その採用してもらえない理由は、写真はいいけど他人の家族をテーマにした写真は誰も興味を持ってもらえないからと言うもの。
やはり売れそうにないと評価も出来ないのは妥当な判断ではありますね。

それでも、政志の写真に興味を持ってくれた出版社から写真集を出してくれる事になる。
その写真集自体は売れなかったが、その写真集の内容が評価され、写真の芥川賞と呼ばれる木村伊兵衛写真賞を受賞してしまいます。
その成功に陰には、やはり家族の力があった事を忘れてはいけません。

写真家として1人前になった矢先に訪れた2011年の東日本大震災。
政志は以前に家族写真を撮りに岩手を訪れていたのですが、震災前と震災直後の風景の差の激しさに改めて大津波の恐ろしさを感じました。

政志は岩手に残り、ボランティアで被災した写真の泥を落として持ち主に返却する活動に携わります。
写真は家族にとって貴重なもの。
行方不明だった写真が戻ってくる事で、立ち上がろうとしていた被災者もいた事でしょう。

避難所生活をしていた少女が、いくつか見つかった写真の中で亡くなった父親の写真だけがどうしても見つからない。
何で見つからないのか「理由が分かった。」と少女に伝える政志を見て、そういう事だったのかと自分も納得。
季節外れの水着姿も、この家族には貴重な1枚になったのですね。

エンドロールで実際に撮った浅田家の写真が公開されます。
中でも最後に出てきた1枚は傑作でした。

この記事へのコメント