2020年プロ野球ドラフト会議

今日はプロ野球のドラフト会議。
コロナ渦で例年よりアピールの場が少なかっただけにスカウトに眼力が問われるドラフトになりそうです。

各球団の1位指名選手は以下の通り
オリックス:山下 舜平大(福岡大大濠)
ヤ ク ル ト:木澤 尚文(慶大)
日本 ハム:伊藤 大海(苫小牧駒大)
広   島:栗林 良吏(トヨタ自動車)
楽   天:早川 隆久(早大)
DeNA :入江 大生(明大)
西   武:渡部 健人(桐蔭横浜大)
阪   神:佐藤 輝明(近大)
ロ  ッ テ:鈴木 昭汰(法大)
中   日:高橋 宏斗(中京大中京)
ソフトバンク:井上 朋也(花咲徳栄)
巨   人:平内 龍太(亜大)

競合になったのは佐藤選手、早川投手の大学生2人。
佐藤選手はオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団。
早川投手はヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団。
この時点で伊藤投手の日本ハム、栗林投手の広島、入江投手のDeNA、高橋投手の中日が、それぞれの交渉権を獲得しました。

抽選の結果、佐藤選手は阪神、早川投手は楽天が、それぞれ交渉権を獲得しました。
ともに、2番目にクジを引いた球団が当たりくじを引き当てました。

今年は甲子園大会が中止になった影響もあって、ここ数年の高校生中心だったドラフトから、今年は大学・社会人中心のドラフトに。
中でも、佐藤選手と早川投手に人気が集中しましたね。

今年のドラフトは各球団ごとに部屋を割り当てられ、競合になった場合は集まってクジを引く方式。
これまでファンの観覧もありましたが、これも今回は見送り。
やはり会議だけに、うるさいファンが見ているより粛々とやった方がいいでしょう。

プロに入るからには指名順位は関係ありません。
今年、指名された選手の中から、将来のプロ野球を背負って立つような選手が、1人でも多く出現してくれる事を期待しています。

この記事へのコメント