4番・岡本の2ホームランで6連勝

2020年のプロ野球もシーズン半ばが過ぎたところ。
今夜は東京ドームにて、ジャイアンツvsスワローズの東京シリーズを観戦しました。

今季、2度目の野球観戦。
今日は土曜ナイターという事もあって17時過ぎに球場に到着。
東京シリーズと銘打っての対戦という事もあってか、来場時に「TOKYO」のロゴが入ったレプリカユニをいただきました。
todo912.JPG
昨日は、原監督の球団歴代最多となる監督通算1,067勝で勝利し、首位を独走するジャイアンツ。
方や、8月途中までは好調だったのに、最近は負けが込んで最下位に沈んでしまったスワローズ。

先発はジャイアンツ・今村、スワローズ・吉田大喜の両投手。
試合は、初回にジャイアンツが2つの四球でランナーをためて、4番・岡本選手はライトスタンドへ9試合ぶりとなる3ランホームランを叩きこんで3点を先取。
okamotohomein.JPG
ジャイアンツの先発・今村投手は4回までスワローズ打線を無失点に抑えていたが、5回に二死から代打・中山選手にホームランを打たれ、更に青木選手にも2ランホームランを浴びて一気に同点とされてしまい、6回表には途中から登板した田中豊樹投手が、前の打席で代打ホームランを打った中山選手にタイムリーを打たれてしまい逆転されてしまう。
しかし、その裏にジャイアンツは大城選手が同点ホームランを打って直ぐに振り出しに。

7回表にスワローズが、ジャイアンツの3番手・大江投手から一死一、二塁のチャンスを作ったところでジャイアンツベンチは鍵谷投手にスイッチ。
その鍵谷投手が二者連続三振に抑えてピンチを脱して、その裏には岡本選手が、この日2本目となるホームランを打って再び勝ち越し。

鍵谷投手は8回も続投して無失点、9回は高梨投手が三者凡退に抑えて試合終了。
昨日に続く接戦となったがジャイアンツが5-4でスワローズに勝利し、これで引き分けを含む6連勝。
貯金を22としました。

初回に岡本選手の3ランで先制した時は、ワンサイドゲームになるかと思いましたが、その後は走者を出すものの、あと1本が出ず。
逆に今村投手が5回二死から2本のホームランで3点を取られて同点に追いつかれる悪循環。

一時は勝ち越されましたが、大城選手と岡本選手のホームランで逆転して、昨日に続く1点差ゲームを勝利。
接戦で勝てるのは強いチームと言われますが、最近のジャイアンツはこういう勝ち方が多いので、それは強いチームであると言えますね。

ここ最近、ホームランが出ていなかった岡本選手に2本のホームラン。
タイガースのサンズ、大山両選手に1本差に迫られていた中で、再び差をつける2ホームラン。
いずれも初球でしたが、どちらも打った瞬間にそれと分かる当たりでした。

守る方では中川、デラロサの勝ちパターンを温存しての勝利。
中でも1回2/3を無失点に抑えて勝利投手になった鍵谷投手が見事でした。
kagiyaheroin.JPG
最後に球場グルメを。
今回は選手弁当の中から菅野投手プロデュースの弁当を購入。

メニューは肉中心ですが、野菜のメニューも豊富でバランスがいいです。
ハンバーグがボリュームがあり、生姜焼きや照り焼きチキンも食べごたえがあります。
弁当にたまごソースが入っていて、そのソースはハンバーグにかけるとの事。
たまごソースとは珍しいけど、ハンバーグによく合っていますよ。

個人的に気に入ったのがオムライス。
チキンライスの上に乗っかった卵がフワッとしていて優しい感じ。
子供を意識した弁当でしたが、大人でも楽しめる弁当だと個人手には思います。
sugaben2020.JPG

この記事へのコメント